山形大学で横領事件!53歳男性職員(事務部/副課長)は誰で名前や顔画像は?


こんにちは!編集部の桜田です!
山形大学米沢キャンパスで勤務していた53歳の元男性職員が、大学の学友会費など540万円あまりを横領していたことが判明し14日付けで懲戒解雇されたことがニュースとなっています。
この横領事件を起こした53歳の男性職員は誰なのでしょうか?


山形大学で横領事件!


さくらんぼテレビでは次の通りに報じています。

山形大学米沢キャンパスの男性職員が、大学の学友会費など530万円あまりを横領していたことが分かり、14日付けで懲戒解雇された。

懲戒解雇されたのは、山形大学米沢キャンパス事務部の副課長の男性職員(53)。

大学によると、男性職員は2015年10月から去年5月にかけて、33回にわたって自分が管理していた工学部の学友会費207万円と後援会費330万円の計537万円を横領した。

去年7月、男性職員から業務を引き継いだ職員が、学友会費の口座から払いだされた金額と管理用の口座に入金された金額に差があることに気づき、横領が発覚した。

手口は、パソコンやプリンタを購入したように見せかけたり、課外活動行事の経費を水増したりと多岐に及んでいた。男性職員は着服した金をギャンブルなどに使っていたという。

大学は、14日付けでこの男性職員を懲戒解雇し、今後警察に刑事告発する方針。

山形大学の米沢キャンパスに勤務していた事務部の元副課長の53歳の男性が2015年10月から2019年5月の約3年半にわたり、工学部の学友会費207万円と後援会費330万円合わせて計537万円を横領しましました。

この多額の金額に到達するまで、33回も横領を働いていたようです。

パソコンやプリンターの経費や課外活動費を多く請求したりと横領の手口は色いろあったようです。

最近は事務系の管理体制が長年一人で行われている体制によってこのような横領事件が発覚することが多くなっています。

今回は昨年の7月からこの男性職員が退職するためだったのでしょうか?

引継ぎで入った職員によって3年半にわたった横領がバレたかたちになりました。

横領事件で解雇された53歳男性職員は誰で名前は?

現時点で懲戒解雇された所までしか報道されていません。

現在わかっていることは53歳という年齢で性別が男性ということです。

「山形大学米沢キャンパス事務部の副課長」という事ですから、現在勤務されている周囲の方には顔や名前は分かっていることでしょう。

横領事件の53歳男性元職員の顔画像は?

14日付けで大学側から懲戒解雇を言い渡され、退職していますので今後刑事告発されることになります。

現時点で横領をした元男性職員の顔画像はわかりません。

あたらめてニュースになった時点で判明次第、追記する予定です。

田村純子(住友重機械)顔画像やfacebookは特定?結婚や家族は?

ネットの反応

山形大学は、なぜこうも教員・職員・学生の不祥事が多いのか?
頻度からして、偶然に不祥事が起こったとは考えにくい。大学の環境・指導体制・管理に重大な問題があるのではないか。

山形大学って、ここ数年でパワハラ、アカハラ事案が頻繁に報道されている。さすがにここまで複数事案が報道されていると大学のガバナンスに問題があるとしか思えない。弱い者いじめ、弱者切り捨て等が大学で行われているのかと第三者すら考えてしまう。大学のガバナンスが機能していないと考えるのが普通だ。自殺者も出ているようだし文科省の毅然とした調査を求めたい。

これだけ横領されるまで気付かない方にも問題があると思う。

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です