萬濃裕司院長の経歴や学歴と顔画像!結婚してる?まんのう整形外科の場所は?


こんにちは!編集部の桜田です!
三重県松坂市の整形外科の萬濃裕司院長がニュースになっています。
萬濃裕司院長の経歴や学歴と結婚やまんのう整形外科の場所についてまとめます。

萬濃裕司院長の不祥事わい〇つ致傷事件

日刊スポーツでは次の通りに報じています。

三重県松阪市で開業する整形外科医院内で30代女性の体を触った上、片目にけがをさせたとして、津地検は26日、強制わ〇せつ致傷罪で「まんのう整形外科」の萬濃裕司院長(53=同市)を在宅起訴した。捜査関係者によると、女性は片目がほぼ見えない状態になった。女性は患者ではないという。

起訴状などによると、萬濃被告は2015年3月24日、医院内で椅子に座っていた女性の胸を触ったり、額にキスをしたりするなどしたとしている。女性は避けようとして椅子から転落し顔面を強打。片目に全治不能のけがをした。

県警が強制わい〇つ致傷容疑で17年11月に書類送検したが、地検は不起訴処分とした。女性が決定を不服とし、津検察審査会に審査を申し立てた。審査会は不起訴不当と議決し、地検が再捜査していた。

同院のウェブサイトによると、萬濃被告は09年に開業して独立。整形外科のほかにリウマチ科やリハビリテーション科がある。

2015年11月の時点で一度不起訴になった事件ですが、被害女性が不服とし津検察審査会に審査を申し立て審査会は不起訴は不当と判断を下し、再捜査をしていた事件のようです。

津地検は26日に「まんのう整形外科」の萬濃裕司院長を強制わい〇つ罪で在宅起訴しました。

在宅起訴とは、被疑者となる方が留置場などの刑事施設に身柄を拘束されていない状態で(在宅)、検察官が裁判所に訴訟を提起すること(起訴)をいいます。

三重県松坂に開業しているまんのう整形外科の萬濃裕司院長は自身の経営する病院内で30代女性へわい〇つな行為をし、その行為が行われた際に椅子から転落したことから、顔面を強打してしまったようです。

そのため片方の目に全治不能の大怪我をしたようで、その片目はほぼ失明してしまっているとこのことです。

この被害者の30代の女性は萬濃裕司院長とはどういった関係にあったのでしょうか?

自身の開業したまんのう整形外科のスタッフ?なのでしょうか?

報道によしますと、患者として来ていた人ではないようです。

今後、この事件はどのように進行していくのでしょうか。

<萬濃裕司院長のプロフィール>

萬濃裕司53歳
【趣味】釣り、ものづくり、子供と遊ぶこと、バイク
【好きなもの】生き物 植物 自然 宇宙 モンハン ガンダム アズレン 地元の歴史
【嫌いなもの】遅いパソコン 渋滞
【好きな言葉】なぜベストをつくさない、今でしょ、ストレスは友達、釣瓶縄井桁を断ち雨垂れ石を穿つ
まんのう整形外科公式サイト

萬濃裕司院長の顔画像

顔画像を探してみました。

病院なびというサイトから萬濃裕司院長の顔画像見ることができます。

現在53歳ですから、40代の時にまんのう整形外科を開業されたようです。

病院なび→https://byoinnavi.jp/clinic/156915

萬濃裕司院長の経歴や学歴

萬濃裕司院長は三重大学に入学し整形外科に在学していました。

平成8年に紀南病院の整形外科に務めています。 この頃防災ヘリによる患者搬送も経験しています。

平成11年には市立伊勢総合病院の整形外科で勤務。

平成13年は桑名市民病院の整形外科で勤務。

平成15年は松阪市民病院の整形外科で勤務。

平成17年は村瀬病院の整形外科で勤務。

平成20年は済生会松阪総合病院の整形外科で勤務。

平成21年2月に7現在のまんのう整形外科を自身で開院しています。

萬濃裕司院長は結婚している?

ご結婚されているかの定かな情報はわからなかったのですが、【趣味】の一つに子供と遊ぶことという項目があります。

ただ単にこども好きな方が、趣味の欄に子供と遊ぶことと書いたりしますでしょうか?

ご自身が結婚されていて自分の子供に対し、書いた事なのではないでしょうか?

だとすると萬濃裕司院長は結婚している可能性はあると思います。

まんのう整形外科の場所は?

萬濃裕司院長が開業したまんのう整形外科の場所を調べてみました。

住所は〒515-2132 三重県松阪市松崎浦町96−1です。

最寄り駅でいうと、紀勢本線の六軒駅でしょうか。

まんのう整形外科の外観の写真です。

ネットの反応

患者じゃないとすればその付き添いか、あるいは薬品メーカーの営業職の女性か、検体を取りに来た検査センターの女性職員か、いずれにしてもなかなか想定的しづらい、とんでもないハレンチ事件。 医療倫理委員会では当然医師免許剥奪。刑事的には、強制わ〇せつだと強制性交じゃないから、量刑は当然変わってきてしまうが…。

4年前の事件を今頃?
しかも勾留を伴わない在宅起訴?
マスコミはこんな事件を報道すべきだと思います。

医者の罪は問題外だ。
それとは別で女性は椅子から
どんな転げ方して
失明までしたのだろう
失明って眼球が潰れた状態だから
両腕掴まれた状態で何かに顔面を強打されたのだろうか…
転んだだけじゃないだろぅ

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です