【死因は病気?】今村文美死去(前進座:女優)家族と経歴や夫:山崎辰三郎


こんにちは。編集部の桜田です。
劇団前進座の女優(俳優)、今村文美さん(本名:宮城文美)が20日に死去していたことがわかりました。
享年61歳でした。早すぎる別れにファンや関係者から悲しみの声が上がっています。

今村文美さんの死因や家族、経歴と夫山崎辰三郎さんについてまとめます。


20日午前1時ごろ、自宅で息をさん死去、死因は?

劇団前進座の舞台女優、今村文美(あやみ)さんが61歳で死去しました。

20日午前1時ごろ、自宅で息をひきとられたとのことです。

現時点でどの報道機関も今村さんについての死因を公表しておりません。

急遽亡くなられたことは報じられていますが、持病があったなどの情報もはいっておりません。

今村さんは12月14日に千秋楽「柳橋物語」の公演を終えたばかりのことで、おせん役を演じたことが最後の舞台となってしまいました。

お通夜は26日、告別式は27日に東京都杉並区の光明院で営まれるそうです。

喪主は夫の山崎辰三郎さんです。

→劇団前進座公式サイト

スポニチアネックスでは次の通りに報じています。

俳優の今村文美さん(本名・宮城文美)が20日に亡くなったことが23日、分かった。劇団前進座が発表した。61歳だった。通夜は26日、告別式は27日に東京・杉並区の光明院で営まれる。

1965年に「五重塔」の猪之松役で初舞台。1979年に前進座に入座する。現代劇、時代劇をはじめ、歌舞伎作品でもさまざまなヒロインを演じた。14日に千穐楽を迎えた「柳橋物語」のおせん役が最後の舞台となった。

主な出演舞台は「夢千代日記」の夢千代、「出雲の阿国」のお菊、「番町皿屋敷」青山の腰元お菊役など。

祖父は、前進座の歌舞伎俳優藤川八蔵。叔母に女優のいまむらいづみ、兄は俳優の藤川矢之輔、夫は前進座の俳優山崎辰三郎と、芸能家族の出身である。前進座の女優として舞台に多く出演しているが、最近は親鸞上人の妻であった恵信尼役、「夢千代日記」の夢千代役など。

今村文美の家族や経歴

今村文美さんの家族はいったいどんな方だったのでしょうか。

調べてみると、今村さんは芸能家族の中で生きてこられたことがわかります。

まず今村さんお祖父は、前進座の歌舞伎俳、優藤川八蔵さんです。

次に叔母に女優のいまむらいづみさん。

兄は俳優の藤川矢之輔さんで夫は前進座の俳優山崎辰三郎とそうそうたる役者の中で過ごされました。

前進座の女優として舞台に多く出演しているが、最近は親鸞上人の妻であった恵信尼役、「夢千代日記」の夢千代役など務めていました。

今村文美の夫、山崎辰三郎

今井文美さんの夫、山崎辰三郎さんはこんな方です。

<山崎辰三郎プロフィール>
1948年9月27日
● 出身地
徳島県
● 俳優養成所歴
舞台芸術学院講習科卒、前進座附属養成所(3期)修了。
● 初舞台
昭和49年4月『水沢の一夜』若侍山下
● 主な舞台
『仮名手本忠臣蔵』おかや、
『芝浜の革財布』お春
『髪結新三』後家お常、
『出雲の阿国』伝介、
『赤ひげ』佐八
● 主な外部出演
TV東京 信濃のコロンボ13 『盲目のピアニスト』
● 趣味・特技
球技一般、パソコン、阿波踊り、落語、料理
●やりたい役
『女殺油地獄』お沢・徳兵衛
『魚屋宗五郎』おはま
『引窓』お幸

山崎さんと今井さんはいわゆる職場結婚だそうです。

お二人とも劇団前進座で活躍される俳優さんであり、前進座附属養成所を終了されています。

お二人の間にはお子さんもいらっしゃるそうですが、プライベートは重視されているようで、お子さんの情報は公開していないようでうです。

とあるインタビューにこんな会話がありました。

踊りを3歳から教えましたが、つい厳しくなっちゃって逃げられました(笑)。
芝居を観たり応援もしてくれますが、この世界に入らず独自の道を歩んでいます。
私たちも、この世界の苦労を知っていますし、無理にすすめるつもりはありません。

劇団前進座の公演ではもちろんご夫婦で共演されたりもしています。

「お登勢」の作品では山崎辰三郎さんは鳴門例会(2007年3月31日)の“三田昴馬”役、今村文美さんさんは“加納志津”役で出演されていました。

世間の反応

61歳なんてまだまだ若いのに・・残念なことです。

闘病されていたのか突然死だったのか、どちらにせよ残された遺族の方もお辛いことでしょう。

お綺麗な舞台映えするステキな役者さんでした。61は早すぎます。残念でなりません。

びっくりしました。ご冥福お祈り申し上げます。

最後までお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です