久野義博(ヒューマンサポート)顔画像と経歴!博心会の従業員名簿を無断提供した役員は誰?


こんにちは!編集部の桜田です!
神戸市の介護事業を展開する医療法人、博心会が連絡先や住所を含む従業員名簿を日本ヒューマンサポートが無断で公明党に提供した件で、プライバシーを侵害されたとして、1人あたり10万円の損害賠償を求める訴訟を近く大阪地裁に起こすことがわかりました。

日本ヒューマンサポート久野義博の経歴と顔画像

氏名 久野 義博
会社名 株式会社日本ヒューマンサポート 
(会社所在地:■本社埼玉県春日部市備後西5-1-44)
役職 専務取締役
出身地 埼玉県春日部市
出生年 1963年(2019年12月現在56歳)

勤務経歴:

外資系企業に勤務

国会議員秘書

会社役員

大手コンサルタント

 

久野 義博は以上の経歴をお持ちです。

 

こちらのサイトから久野義博社長の動画を見ることができます。
https://www.kenja.tv/president/detkwe2zb.html

久野義博社長が博心会の名簿を公明党へ提供したことを報告

朝日新聞では次の通りに報じています。

従業員名簿を無断で政党側に提供されプライバシー権を侵害されたとして、大阪・兵庫両府県で介護事業を展開する医療法人「博心会」(神戸市)の従業員約400人が同法人を傘下にもつ企業を相手取り、1人あたり10万円の損害賠償を求める訴訟を近く大阪地裁に起こす。名簿は党関係者や支援者による自宅訪問などに使われたという。

訴状などによると、名簿提供は今年4月、「日本ヒューマンサポート」(日本HS、埼玉県)の役員が、グループ傘下の博心会にメールで要請。

博心会は全従業員約620人の名前と住所、電話番号入りの名簿を本人の同意を得ないまま送信した。

博心会の複数の従業員によると、7月4日の参院選公示前後に公明党国会議員秘書の名刺をもつ人や支援者が自宅を訪ねてきたり、公示後に比例区の自民新顔(落選)から携帯電話に投票呼びかけのショートメールが届いたりしたという。

公明党関係者の訪問を受けたという神戸市在住の従業員は「勤め先の名前を出され、ご協力お願いしますと言われた。表札も出していないのに、と不審に思った」と話す。

従業員の間で疑問の声が上がり、日本HSの久野義博社長は選挙後の8月、従業員向け説明会で、自らが代表を務める政治団体「全国介護事業者政治連盟」(東京)を通じて政党側に名簿を提供したと説明。

介護業界が政治力をもつため与党に協力する必要性を強調した。

その後、従業員に慰謝料請求の動きが出て、11月には、代理人弁護士を通じ1人1万円の解決金支払いを提示したが、納得しない従業員が提訴を決めた。

日本ヒューマンサポートの依頼に対し、傘下である医療法人の博心会がメールで全従業員約620人の名前と住所、電話番号入りの名簿を社員本人の同意を得ないまま送信したことがこの事件の発端です。

この従業員名簿の個人情報を提供したことにより、複数の従業員に対してですが、7月4日の参院選の前後に公明党国会議員秘書の名刺をもつ人や支援者が自宅を訪ねてきたり、携帯電話に投票をお願いする呼びかけのショートメールが届いたりしたということです。

これに不服をもった従業員から疑問が上がり、選挙後の8月に社内で説明を受けたところ、日本ヒューマンサポートの久野義博社長(専務取締役)が自らが代表を務める政治団体「全国介護事業者政治連盟」(東京)を通じ公明党側に博心会全従業員の名簿を提供したと説明しました。

「介護業界が政治力をもつため与党に協力する必要性を強調」

したと言います。

この説明会の後に、従業員側からプライバシーの侵害に関しての慰謝の料請求のが出て、11月に代理人弁護士を通じ1人1万円の解決金支払いを提示がされていましたが、納得しない従業員が提訴を決めたことが今回の事件のようです。

今後の展開に注目が集まりそうです。

ヒューマンサポートの役員は誰?

日本ヒューマンサポートは久野義博専務取締役の他に5名の役員が存在します。

従業員説明会では、久野義博専務取締役自ら個人情報を公明党に渡したとしていますが、他にも役員の方は存在します。

どの方が今回の無断流出に関わっているかはわかりませんが、あるいは社長の久野義博が直で判断して行ったことなのか。

公式サイトから役員の名前がありましたのでこちらに載せます。

専務取締役 関根智人
専務取締役 太田智史
常務取締役 松元和紀
取締役 向佐孝雄
取締役 菊池陽二

博心会(神戸)の情報

博心会は日本ヒューマンサポートグループの一員であり、兵庫県神戸市・西宮市・宝塚市・豊岡市、大阪府豊中市・大阪市に展開している介護老人保健施設、介護付有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)、小規模多機能型居宅介護などの様々な介護福祉施設を展開している企業です。

下記公式サイトより、介護各福祉施設の業種や所在地がわかります。

公式サイト

ネットの反応

予算編成で、介護関連の手当てが増えても、経営者が潤うだけで、現場には恩恵なし。予算が減れば、現場にしわ寄せが来て、経営者は痛みを感じず。選挙になれば、そういう連中のために、協力させられる介護職は現代の奴隷。

こんな風に勝手に名簿体連絡が来て投票お願いされても絶対に入れない。
逆効果だとすれば思わないのかな。
今時こんな事すれば情報拡散されると思わないのか。
旧態依然の手法。
時代遅れの政党がやりそうなこと

私の街にも、公明党関係の病院や
介護施設グループがあります。
選挙になると必ず従業員や関係者に
なんらかの形で連絡があるそうです。

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です