村治佳織の離婚理由は?夫は誰で舌癌の時に?現在のラジオ番組やインスタとプロフィール


こんにちは!編集部の桜田です!

クラシックギタリストの村治佳織さんが離婚していたことが自身が出版するエッセイの中で綴っていることが明らかに。
美人ギタリスト村治佳織さんのプロフィールと夫との離婚理由、舌癌や現在のラジオ番組についてまとめます。


村治佳織の離婚理由は?夫は誰

スポーツ報知では次の通りに報じています。

才色兼備の音楽家として国内外で活躍するクラシックギタリストの村治佳織(41)が昨年、離婚していたことが20日、分かった。23日に出版される初エッセー「いつのまにか、ギターと」(主婦と生活社刊)の中で明かしている。村治は2014年7月、「以前からご縁があった」という一般男性との結婚を公表していた。

村治は同書の後半で「突然ではありますが、お伝えいたします。2018年の中頃、私、『マルイチ』となりました」とつづっている。京都の友人から、祇園などでは離婚のことを「バツイチ」ではなく「マルイチ」と言うと聞き、この表現を使用。離婚から1年以上たっていることもあり、自身を客観的に見つめる文章になっている。

すでに親しい関係者には報告しており「人様の反応も様々」と書いている。びっくりした人や自分の経験談を聞かせてくれる人、新しい人生の背中を押してくれる人…実にさまざまで新鮮だったという。

法律上、夫婦でなくなっても「“最高の元夫婦”でありたいな」とも。会う機会は減ったが「お互いの無事を確認し合うことは、いまもあります」とし、「一度は家族になった義理のご両親とも、結婚していた時と変わらず連絡を取らせていただいている」。出会えた幸せに感謝する気持ちが丁寧につづられている。

美人クラシックギタリストの村治佳織さんが、自身が23日出版するエッセイ「いつのまにか、ギターと」の中で、2014年に結婚していた夫と離婚していたことを綴っていたことがわかりました。

村治さんの夫はいったい誰だったんでしょう?

村治さんの元旦那さんは一般人のため、名前は勿論のことお顔や職業は公開されていません。

ネット上では仏教文化コミュニケーターの牧野宗永(そうえい)さんの名前が挙がっていますが、信憑性はないようです。

法律上、夫婦でなくなっても「“最高の元夫婦”でありたいな」とかたられており、旦那さんのご両親とも縁を切ることなく関係を続けているところをみると円満離婚ということがわかりますし、元夫のことを尊敬していることがわかります。

現時点で離婚してから1年以上は経っており、離婚理由についてもメディアの前では語られていません。

もしかすると23日に出版される初エッセー「いつのまにか、ギターと」(主婦と生活社刊)で元夫のことも語られているかもしれませんね。

村治佳織の舌癌の時に?

村治佳織さんは2013年11月22日自身のホームページから舌癌(舌腫瘍)の報告をし、そこから療養に入り一時活動を休止されたことがありました。

その時点で下癌の腫瘍が良性か悪性かは触れていませんでしたが、そこから1年間療養し、復帰。

1年後には現在離婚した旦那さんと結婚を発表していたので、舌癌の療養中に真摯に支えてくれたパートナーだったのではと言われていました。

舌癌は早期発見と適切な治療にかかることで、5年生存率が9割程度とのデータがあるようで村治さんも1年後に復帰できたのではないのでしょうか?

この部分も23日に発売のエッセイに綴られているのでしょうか?

村治佳織の現在のラジオ番組やインスタは?

View this post on Instagram

With Win Morisaki. 今夜も、クラッシ一リビングには、 素敵なお客様をお迎えします。  Prizmax のメンバ一として歌手活動を されつつ、俳優としてもスピルバーグ監督の ハリウッド映画にご出演。 国を超えて活動の幅を  拡げ続けておられる森崎ウィンさんです。 天才ピアニスト役を演じられた来週公開の 映画 「蜜蜂と遠雷」のお話をメインに、  母国ミャンマーのこと、飛行機のこと、  終始リズム感よくお話しくださいました。  笑い声の多い楽しい時間をリスナーのお一人お一人と共有できましたら嬉しいです。 ♯winmorisaki

A post shared by Kaori Muraji 村治 佳織 (@kaorimurajiofficial) on

村治佳織さんは2017年4月からJ-WAVEでCLASSY LIVINGというラジオ番組で音楽活動をされているゲストや俳優さんを紹介した番組のナビゲーターをしています。

放送日時は、毎週土曜日20時~20時54分

ラジオに出演したゲストが村治さんのインスタに紹介されたりもしたいます。

→waveclassylivingオフィシャルサイト

村治佳織のプロフィール

出生名 村治佳織
生誕 1978年4月14日(41歳)
出身地 日本の旗 日本東京都台東区
ジャンル クラシック
職業 クラシックギタリスト
担当楽器 クラシックギター
活動期間 1993年から
レーベル デッカ・レコード
事務所 村治事務所

美人クラシックギタリストの村治佳織さんは東京都出身です。

なんと3歳の頃から父、村治昇さんにギターの手ほどきを受けながら育ちます。

そして10歳から恩師の福田進一さんから教えを受けることに。

若くして数々の受賞歴があり

1989年ジュニア・ギターコンクール、最優秀賞を受賞。

1991年学生ギター・コンクールにおいて、全部門通じての最優秀賞を受賞。

1992年ブローウェル国際ギター・コンクール(東京)及び東京国際ギター・コンクールで優勝。

1993年に津田ホールにてデビュー独奏会を披露し、「エスプレッシーヴォ」をリリースしています。

その翌年の1994年日本フィルハーモニー交響楽団と共演、協奏曲デビュー。

1995年イタリア国立放送交響楽団の日本ツアーにソリストとして同行、第5回出光音楽賞を最年少で受賞しています。

→村治佳織オフィシャルサイト

ネットの反応

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です