和泉洋人首相補佐官と大坪寛子氏が不倫!京都出張中スクープ!結婚してる家族は


こんにちは!編集部の桜田です!

安倍政権で首相補佐を務める和泉洋人(いずみひろと)氏と厚生労働省大臣官房審議官の大坪寛子氏が京都出張中に不倫関係にあることを週刊文春に写真を撮られスクープされました。


和泉洋人首相補佐官と大坪寛子氏が不倫!


週刊文春では次の通りに報じています。

 8月9日に、二人は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長に面会するため京都に出張。午前中に山中氏との面会をすませると、ハイヤーに乗り、観光客で賑わう河原町へ。老舗の甘味処でかき氷を注文すると、和泉氏は自分のスプーンで大坪氏に食べさせるなど、親密な様子を見せた。その後、ハイヤーで40分ほどかけて京都市北部の山奥にある貴船神社へも立ち寄った。古くから「恋愛成就を祈る社」として知られる同神社でも、大坪氏が和泉氏にお賽銭を渡したり、腕をからめて参道を歩くなど、終始仲睦まじい様子だった。

 国土交通省出身の和泉氏は、安倍政権発足当初から首相補佐官を務め、長期政権で強まる「官邸主導」を牽引する「官邸官僚」の中心人物として知られる。中でも菅義偉官房長官の信頼は厚く、沖縄の米軍基地移設問題や新国立競技場建設、米軍機訓練候補地である鹿児島県馬毛島の買収など、安倍政権が注力する重要課題の対応にあたってきた。加計学園の獣医学部新設問題では、「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と前川喜平・文部科学省事務次官(当時)に発言したとされる問題(和泉氏は発言を否定)を巡り、国会に招致されたこともある。

和泉氏に経緯を聞くと、公務で京都に行ったことは認めた上で、次のように説明した。

「(貴船神社には)行きました。彼女はもともと、午後は休暇を取っているから。僕は休暇ではなく、出張です。僕の場合は特別職なので、勤務時間がないのですが」

 国土交通省出身の和泉氏は、安倍政権発足当初から首相補佐官を務め、長期政権で強まる「官邸主導」を牽引する「官邸官僚」の中心人物として知られる。中でも菅義偉官房長官の信頼は厚く、沖縄の米軍基地移設問題や新国立競技場建設、米軍機訓練候補地である鹿児島県馬毛島の買収など、安倍政権が注力する重要課題の対応にあたってきた。加計学園の獣医学部新設問題では、「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」と前川喜平・文部科学省事務次官(当時)に発言したとされる問題(和泉氏は発言を否定)を巡り、国会に招致されたこともある。

和泉氏に経緯を聞くと、公務で京都に行ったことは認めた上で、次のように説明した。

「(貴船神社には)行きました。彼女はもともと、午後は休暇を取っているから。僕は休暇ではなく、出張です。僕の場合は特別職なので、勤務時間がないのですが」
ただ、「週刊文春」では、この日以外にも、和泉氏がハイヤーで仕事帰りに大坪氏を自宅まで送り届けたり、都内で手つなぎデートやエスカレーターでハグする様子など、上司と部下を超えた関係であることを複数回確認している。

週刊文春2019年12月11日

和泉洋人首相補佐官と大坪寛子氏の二人は京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の山中伸弥所長に面会するため京都に出張した最中に不倫関係であったことが週刊文春に空スクープされました。

腕をからめて参道を歩く姿などが写真にもおさめられています。

終始二人は仲睦まじい様子だったっことが伝えられています。

この文春の報道に対し、大坪氏は

「補佐官から『医学用語が分からないから一緒についてきて通訳してくれないか』と言われた」などと説明し、交際について問う記者に「男女って……(和泉氏は)だいぶおじいちゃんですよね。いくつだと思う?」と回答した。

男女の仲ではないとしていますが、

和泉洋人首相補佐官が66歳

大坪寛子氏が52歳

年齢差14歳です。

大坪氏は和泉氏の事をおじいちゃんと言ってますが、一般的に見てないとは言えない年齢差ですよね。

男女の仲でないとしたら、手つなぎデートやハグを隠れてコソコソできるものでしょうか。

この報道が事実でないにしても、多くの方が見て勘違いされてしまう行為をとってしまったことは事実のようです。

和泉洋人首相補佐官と大坪寛子氏の家族は?

不倫疑惑の報道ですので、和泉洋人首相補佐官と大坪寛子氏の家族の情報を調査してみましたが、和泉洋人首相補佐官の方に結婚歴があり妻子がいることが確認されました。

しかし、奥様やお子さんの情報は詳しく見つけられることはできませんでした。

ですので、大坪寛子氏は独身のようです。

文春の報道が事実かそうでないにしてもW不倫との報道ではないので、和泉洋人首相補佐官側が既婚者でありご家族がいることがわかりました。

不倫疑惑報道に関してのネットの反応

「子供は親の背中を見て育つ」と言いますが、それは親子の関係以外も同じこと。

組織というものは、部下は上司を良く見ています。

安倍総理があれだけやりたい放題するなら、自分もこれくらいは大丈夫だろう…
という事でしょうね。

まあ、安倍を筆頭に内閣を支える公務員も誰一人、国民を考えていないのでしょう。
常識ある人ならば、税金で不倫はしないし税金で後援会の人を接待なんかしない。

やっぱり安倍シンパの官僚は何か勘違い。
国の税金を自分のお金と勘違い、ノーベル受賞者の山中教授を恫喝なんて普通なら獄門さらし首でしょう。
高級を取りながら・・・税金で不倫旅行???
親分が見本とか言っているのでは???
即、解雇で良いと思う。
普通の国民は。

親方が税金をポケットマネーのように使えば部下もなんだね?
不倫する時間なんてよく確保できるよね?ひまなんだね?
親方行動の伝染が部下まで?同じことが民間でも偽装という行為を引き起こしているよね?やはりトップが責任と覚悟を持ち、国家国民第一と考える人でないとだめなのでは?

最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です