アンティーク雑貨を東京で見れるイベントは?

インターネットで好きなショップを探すことがおすすめなことは書きましたが、実際手にとってもアンティーク雑貨をみてみたいものです。私の在住地域は東京都下なのでここから行ける範囲で実際行ったことのあるアンティーク雑貨が販売しているイベントをご紹介いたします。

東京蚤の市

こちらは年2回やっている、ヨーロッパのアンティークに限ったイベントではありませんが、古いもの全般や面白いもの紙好きの人向けのイベントです。手紙舎という素敵な紙をたくさん制作している会社がプロでユースしているイベントなので紙モノ好きにもたまらないイベントですね。2019年の5月開催は大井競馬場で行われたそうです。本当に大規模なイベントで2019年5月で第15回目過去最大数の265組が出店しました。

公式サイト

http://tokyonominoichi.com/

出店しているお店のジャンル

アンティーク・ヴィンテージ家具
アンティークアクセサリー
古書
古着
古道具
ランプ

など様々です。

会場の雰囲気や特徴

これに加えてお洒落なクッキーや焼き菓子、パン屋さんが出店していたり、世界のお茶が飲めたりと飲食店もちょっと一味違うお洒落なものが味わえたりします。
とにかく人が多いイベントですので朝一か午後行くのがおすすめです。人気のショップさんは人が何層にも群がってなかなか見えなくてヤキモキしたりしました。洋風のアンティーク、ブロカントに限らず和風の古いガラクタのようなものもあったり、とにかく楽しいイベントです。認知度が上がり、海外からも最近は訪れているそうです。

新宿アンティークフェア

などこちらのイベントは西洋アンティーク多めのイベントです。2019年も12月24、25、26日の3日間行われるそうです。
大きいショップさんから個人で買い付けられているバイヤーさんまでいろいろあります。新宿西口の高層ビル方面、第一生命スペースセブン1Fホールという場所で18年間行われていましたが2019年12月の第36回はこの場所から1~2分の場所になったようです。入場は無料です。

公式サイト

http://www.antique-stage.com/

出店しているお店のジャンル

アンティーク食器
アンティーク雑貨
アンティーク雑貨
アンティークレース
アンティーク・ビンテージ古着
アンティークの紙モノ・ポストカード

会場の雰囲気や特徴

実際に買い付けられた方がショップにいる可能性が高いので、どこでどのように買い付けられたのか聞くチャンスでもありますし、海外の買い付けの話も仲良くなれば伺う事もできるかもしれません。値段があってないようなもの、というと言い方がわるいですが、ほとんどの場合値段がついていないので交渉や複数購入の時に値引きしてもらえる可能性があります。あと、3日間のフェアが終わる最終日などは安くなっています!の札が英語で添えられていたりします。

35回までの開催場所は天井も低く少し薄暗い感じの会場で独特な雰囲気のホールでした。新しい場所はどんな場所なのでしょうか?

大江戸骨董市

名前からして和骨董の蚤の市と思われている方は多いと思いますが、西洋アンティークや個人の方がヨーロッパへいって買い付けてきた品物を並べて売ったりもしているイベントです。場所は国際フォーラムと代々木公園の中の2か所で開催されており、少し雰囲気が違います。国際フォーラムの方は正統派なアンティークショップも出店していますが代々木公園のケヤキ並木の方は個人の小さいショップも多めに出店しています。夏場はお休みで春、秋、冬の日曜日月2回開催しています。

公式サイト

https://www.antique-market.jp/

 

出店しているお店のジャンル

和骨董
西洋アンティーク

会場の雰囲気や特徴

有楽町のの駅の目の前なので、人はけっこう多いほうだと思います。アンティークは実際の蚤の市と同じようなイメージで色々なものが売られています。レース、食器、花器、家具、ブロカントっぽいツールや本、布ものなど色いろありました。子供が小さい時に連れていってしまってビンテージジュエリーのお店の方にヒヤヒヤされたりしましたので、小さいお子さんは注意が必要です(^-^;この骨董市でも個人の方に実際の買い付けのことなど伺えるチャンスです。駅からとても近いので遠くからいらっしゃる方でもとっても便利。海外の方も和骨董を見に来ている方けっこういました。

赤坂蚤の市

立地柄とてもお洒落な蚤の市です。たぶん、とてもお洒落なショップさんしか出店できないのではないでしょうか?見ているだけでその場の雰囲気が楽しめます。アンティーク雑貨で掘り出し物を探したあとは、お洒落で美味しいワゴン車が色いろ販売しに来ているので、そちらも楽しみの一つです。来ている人もなんだかみんなお洒落に見えちゃいますが、そこもまた普段と違う雰囲気を味わうには良いと思います。こだわりのショップさんが揃っているので、価格は高めだと個人的には思うのですが思いがけない掘り出し物ももしかしたら見つかるかもしれません。

公式サイト

https://www.arkhills.com/akasaka-nominoichi/

出店しているお店のジャンル

ショップとして販売されているお店の西洋アンティーク

 

以上、実際にアンティークに触れ合えるイベントの紹介でした。

もし、これからアンティークの興味を深めていこうと思ってる方は足を運んでみてくださいね。ネットの中だけより、実際手に取って見つめてみるともっともっと素敵なものだとわかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です