【死因:急性心不全】鴈龍太郎死去(中村玉緒の息子)の孤独死?若い頃の座頭市の事件


こんにちは。編集部の桜田です。

勝新太郎の長男で女優の中村玉緒さんを母にもつ俳優の鴈龍(がんりゅう)さんが、11月1日、急性心不全で急死していたことが雑誌「週刊文春」の取材で分かりました享年55歳という若さでした。鴈龍さんと言えばデビュー作の「座頭市」で若い頃、大変な事件を起こした方です。

鴈龍さんの死因と若い頃に起きた座頭市の事件についてまとめます。


鴈龍さん死去、死因は?孤独死?

文春オンラインでは次の通りに報じています。


故若山富三郎の長男で、鴈さんの従兄弟にあたる俳優の若山騎一郎氏が明かす。

 

「報せを聞いた時は絶句しました。まだ若いし、大きな病気もなかったのに……。悲しいという以前に心の整理がつかず、状況を飲み込めずにいます」

 

滞在先の名古屋で急逝し、遺体が発見されるまでに数日間を要した。いわゆる孤独死だったが、事件性はないと見られる。11月29日に近親者だけで葬儀を行い、すでに納骨も済ませているという。

 

下咽頭癌を患った勝が壮絶な闘病の末に亡くなったのは1997年6月のこと。告別式で司会を務めた鴈さんは「父の名を辱めないよう、精一杯やらせていただきます」と宣言したが、その後も俳優活動は苦戦。玉緒がテレビ局に頭を下げて回ったが、単発の仕事ばかりだった。

 

「2017年の舞台を最後に鴈さんは公の場から姿を消し、一時は宝石デザイナーを目指したこともあったが、近頃は何の仕事をしているのか、近しい人も知らなかった」(芸能関係者)

 

近年は、母の中村玉緒とも距離をとっていたという。

 

「玉緒さんを安心させるために、自立の道を模索していた。一方、玉緒さんは常に息子の身を案じ、陰で支援を続けていました」(親族)

 

最愛の息子に先立たれた中村玉緒は、ショックのあまりコメントできる状態にないという。

 

12月5日(木)発売の「週刊文春」では、父であり師匠の勝新太郎、母・中村玉緒との関係性や、従兄弟である若山騎一郎氏のインタビューなどを詳報している。

勝新太郎の長男で女優の中村玉緒さんの子供、鴈龍さんが死去しました。

11月1日とのことです。

死因は急性心不全とされていますが、鴈龍が亡くなってから発見されるまでには時間がかかったようで、孤独死とされています。

ご結婚はされていなかったようで、55歳という若さで旅立たれました。

ご家族は勿論、関係者の方は驚きを隠せません。


<プロフィール>
本名 奥村 雄大
旧芸名 鴈 龍太郎(がんりゅうたろう)
生年月日 1964年8月9日
没年月日 2019年11月1日(55歳没)
出生地 京都府京都市
死没地 愛知県名古屋市
身長 174cm
血液型 O型
職業 俳優、タレント
ジャンル 映画、テレビドラマ
著名な家族 杵屋勝東治(祖父)
二代目中村鴈治郎(祖父)
勝新太郎(父)
中村玉緒(母)
奥村真粧美(姉)
若山富三郎(伯父)
四代目坂田藤十郎(伯父)
若山騎一郎(従兄弟)
四代目中村鴈治郎(従兄)
三代目中村扇雀(従兄)
主な作品映画:座頭市

鴈龍さんが若い頃の座頭市での事件


鴈龍さんが役者の道を志したのはまだ若い18歳の時でした。

父親である勝さんは「お前は俺の一番弟子だ。息子じゃない」と言って厳しく指導したが、デビュー作「座頭市」(1989年)に出演が決まりその撮影中が始まったのですが、、

1988年12月26日、広島県福山市みろくの里撮影所での撮影中に大変な事件を起こしてしまいます。

鴈さんが真剣をあやまって使用したため、殺陣師の俳優が亡くなってしまったのです。

当時の広島県警の調べによると、業務上過失致死罪の疑いで事情聴取を受け、鴈龍さんの使用した日本刀が撮影用の模擬刀等ではなく真剣であり、首を斬りつけていたことがわかりました。

お蔵入りが懸念されましたが『座頭市』は公開となり、鴈龍さんは以後謹慎生活を送ることになります。

迫力を出すためにスタッフが勝手に真剣を用意したことで起きてしまったこの事件、鴈龍さんは真剣であることを知らなかったとされ、裁判でもその主張が認められた。

この時父親の勝さんは責任を追及され、鴈さんは謹慎生活を強いられました。

この事件は本人は勿論のことご家族である玉緒さんや真太郎さんも大変ショックをうけました。

その後、追い討ちをかけるように90年に勝さんがコカインをハワイに持ち込んで逮捕されてしまいます。

鴈龍さんの訃報を受け、世間の反応

 

残念です。ご冥福をお祈りいたします。
しかし何でもかんでも孤独死って名前付けないで欲しい。見つかるのがたまたま遅かっただけで、普通に亡くなられているのにね。
孤独死って言い方は、なんか死を冒涜しているようで嫌な響きだ。

息子に先立たれてしまうって、特に長男というのはいつからか頼りに思う部分も出来たりしこそすれ、先に死んでしまうなんて思いもしないもの。母親はどんなに辛いだろう。お悔やみ申し上げます…

 

何に関しても偉大な父をもって
なんかなぁ。可哀想と言うか。
娘も薬物で捕まってますよね。
玉緒さんの心中を思うと同じ母親としては
悲しい限りです。
お疲れ様でした。ご冥福をお祈り
致します。

最後までお読みくださり、どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です