アンティーク雑貨をリーズナブルに集める方法

インターネットでお気に入りのアンティークショップサイトを探す

古いものには興味があり、ヨーロッパの蚤の市にはとっても憧れていて、実際に行ってみたい願いは強くあります。
しかし、今の自分の環境からそう簡単に行けそうになかったので、最初に探したのはインターネットのアンティークショップおまとめサイトを片っ端から全部開いていってみました。
蚤の市がお好きな人ならなんとなくわかると思うのですが隅から隅までチェックしたっくなってしまう。はじめはどんな古いもの、アンティーク、ブロカントが
あるかわからなかったのでとにかくアンティークショップのサイトを見まくりました。

そしてわかったことは私はヨーロッパ系のアンティークが好きだという事です。
アメリカンアンティークのサイトもたくさん見たのですが、なんかツボが違うんです。

ファイヤーキングとかハワイアンビンテージとか。同じ古いものなのですが、なんか自分と求めているものが違って。
どちらかというとアメリカンビンテージは勝手な私のイメージですが、男性っぽいイメージだったんです。
たぶん600件以上はサイトを開いてみたと思います。その中で特に気になったのはヨーロッパのアンティークを販売しているお店でした。

なので、それよりはヨーロッパの華やかなイメージ、レースとか紙のアイテム、手芸新聞などに興味を持ちました。

それで毎々見ているとあることに気づきました。

全然更新されないサイトもあるということ。一回ショップサイトをたちあげたらそのまま、あまり売る気もないのか実店舗があってそちらが本業なのか、
ネットショップの商品が何度見ても一向に変わらないのです。新しいものをどんどん知りたかったのでそういうショップはたまにしか見なくなってしまいました。

もう12年くらい、アンティークのサイトを見ていますが、途中でなくなってしまったショップさんもたくさんあります。
アンティークの販売は趣味でされている方も多い様で、自分がヨーロッパに住んでおり、毎週どこかで行われる蚤の市にはまってしまい
ブログにアップするうちにそこから販売するようになりました。という方も中にはいました。そういうショップこそ
リーズナブルで、まめにチェックをしていると掘り出しものに出会えたりもしました。

それゆえ、無理して続ける理由もないので生活の変化によってショップがクローズしてしまったサイトがありとても残念な思いもしました。

どんなショップがアンティーク雑貨をリーズナブルに購入できるか?

私が実際にリーズナブルに買ったり、チェックしたりしているショップは海外在住の日本人のアンティークショップです。

頻繁に蚤の市に出かけてるバイヤーさんのお店ですと、実際アンティークやブロカントを買い付けてきて
毎週何曜日更新、毎月何日更新など、頻繁にサイトが更新される確率が高いので見る方も楽しいですし、買いやすいです。
例えば、オランダからですと送料が2キロで2600円くらいかかってしまうのですが、長年バイヤーをされているショップさんだと、
現地の蚤の市で買った価格にそんなに法外な価格をのせていないのでまとめ買いをすればそれだけ送料が1つの商品に分散されて割安になります。

しかしフランスやイギリスは送料が高いです。同じ2キロでも5千円近くしてしまうので、私もフランス在住の方からは2度くらいしか購入したことしかありません。

また、荷物ですと何千円と高いですが、ポストカードやレースですとヨーロッパからでも何百円の送料で送ってもらう事ができました。

年々、アンティークはなかなか手に入りにくいものも出てきているので価格が高くなっているものもありますが、実際に日本から飛行機にのり、向こうでホテルに泊まり、買ったものも梱包して帰ってくる手間と時間を考えれば、送料が高いという部分も気にならなくなります。

まずは自分がお気に入りのショップを何店か見つけ出して更新ごとに新しい商品をチェックしてみるだけでも面白いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です