【隠蔽?】首都大学東京の国際徒手理学療法学コースX先生とY教授は誰で名前と偏差値


こんにちは!編集部の桜田です!

2019年9月、首都大学東京の国際徒手理学療法学コースの大学院を修了したAさん33歳男性が仙腸関節痛の症状と診断され苦しんでいることがFLASHに掲載されました。この痛みが発症した原因は大学院で行った授業にあるといいます。

その授業を遂行したX先生と学域長のY教授と国際徒手理学療法学コースの偏差値についてまとめます。


Aさんの骨盤障害(症状:仙腸関節痛)を大学が隠蔽?

FLASHでは次の通りに報じています。


授業で被験者となっているAさん。(Aさんは仕事をしながら大学院に通っていました)

「これは、私が授業中に負った怪我を揉み消そうとする、組織的隠蔽であり、大学規模のリンチ同然だと思っています」

2019年9月、首都大学東京の大学院を修了したAさん(33歳・男性)。彼はいま、重い症状に苦しんでいる。

『仙腸関節痛』などと診断されました。

椅子に座ると強い腰痛が、立って右脚に体重をかけるたびに痺れと脱力感、強い痛みが生じます。ひどいときは、歩くのも困難です」仙腸関節は、骨盤の骨の間にある関節。この関節の微かなズレにより、骨盤が不安定になり痛みが生じる。

骨盤が不安定なため、Aさんはコルセットを装着している。移動は杖歩行だ 。

Aさんによれば、発症のきっかけは、大学院の授業にあったという。

「私が在籍していたのは『国際徒手理学療法学コース』という、リハビリを実践的に学ぶコース。問題の授業は、『関節マニピュレーション』という実技ですが、“殺人手技” ともいうべき危険なものでした。

Aさんはそんな手技を、毎週3時間の授業で、被験者として受けつづけた。

「ほかの学生は、留学生と腰痛持ちで。授業中、私が被験者になるしかありませんでした」

その後、腰痛が原因で、授業も仕事も休みを余儀なくされたAさん。

7月には、勤めていた職場を退社。

現在は貯金を切り崩す生活で、近く外科手術治療を予定している。

Aさんが通院する整形外科医による診断書には手術を受けても、後遺症が残る可能性もあることが載っています。

Aさんがなにより憤るのは、大学側の不誠実な対応だ。

「受傷から2週間以上たっても、X先生が上司や学域長のY教授に、私の症状を報告している様子はなく、私から彼らに連絡を取りました。

しかし、7月中旬にY教授から届いたメールは、『関係者で共有・協議します』だけ。

Y教授もひどく、メールしても毎度1週間以上返信がない。らちが明かず、8月中旬に大学のハラスメント委員に連絡しました」

だが、本部での聴取日程は、さらに1カ月後と打診された。

「結局、聴取後の9月下旬に本部から届いた聴取結果は、『精神的損害のハラスメントとしてしか受けつけられない』というもの。謝罪や、手術費などの相談は、『制度がないから』と却下されました。

『大学側が、法律上の損害賠償責任を負うこととなった場合に、支払いできる可能性がある』と説明されただけです」

首都大広報課に、本件について問い合わせると、「(学生の)個人情報保護等の観点からお答えすることができません」と回答するのみだった。

引用:2019.11.25 FLASHの記事

FLASHによるとAさんは2019年9月、首都大学東京の大学院を修了した33歳の男性です。

大学院に通いながらお仕事もされていました。

このAさんが国際徒手理学療法学コースの授業中「関節マニピュレーション」という手技を、毎週3時間被験者として受けつづけました。

Aさんに行われた具体的な授業の内容は

関節の変形を正して治す手技を実際にAさんの体を使って実技したことです。不安定な姿勢でAさんの頸椎を引っ張ったり、救急救命時並みの強さで衝撃を与えつづけるなど、リスクが高い手技を行いました。

その後痛みが出て授業担当のX先生に相談しましたが、2週間返事はありませんでした。

結果、現在は仙腸関節痛と診断され、椅子に座ると強い腰痛や立って右脚に体重をかけるたびに痺れと脱力感と強い痛みが生じ、ひどい時は歩くのも困難な重い症状の体となってしまったようです。

職場も7月に退社されています。

この手技は海外では亡くなった例もあるほど危険なもので時代遅れの手技とのことです。

こんなことを誰かが体をはってうけなければならなかったこと自体に問題があると思うのですが、Aさんは「ほかの学生は、留学生と腰痛持ちで。授業中、私が被験者になるしかありませんでした」と述べており、自ら危険を伴うことを引き受けていたようです。

この危険な「関節マニピュレーション」という手技は過去にも学生が被験者として行われていたのでしょうか?

現在Aさんは貯金を切り崩す生活をしており、近く外科手術治療を予定しているそうです。

この仙腸関節痛いついて大学に相談しても取り合ってくれず、

『関係者で共有・協議します』

『精神的損害のハラスメントとしてしか受けつけられない』

謝罪や、手術費などの相談は、『制度がないから』と却下されました。

Aさんにとっては一生に関わる問題ですので却下では済まされないことです。

ネットメディアではこれは障害事件なのでは?という声も多数ありました。

骨盤障害を隠蔽?したX先生とY教授は誰で名前は?

Aさんが在籍していた国際徒手理学療法学コースで6月中旬に被験者となった翌日、Aさんは起き上がることができなくなってしまった時にX先生は他人ごとのように次のように言ったと言います。

翌週の授業を、うつぶせで受けるAさんに対して担当のX先生は、

『靱帯の損傷だね。そこをやったから(痛めたなら)、治らないよ』と笑っていた。謝罪がないのに驚いたし、『自分は関係ない』という雰囲気でした。

この件が事実だとするとこの対応はひどいですね。

しかもケガ人に笑うとは・・

このやりとりを聞く分ですと、X先生の対応は他人事にしか聞こえませんね。

またこのX先生は学域長Y教授にもAさんから相談されていたことを伝えていなかった可能性があります。

学域長のY教授に関しては大学の公式サイトの中に写真付きで名前が載っています。

Y教授の名前は

●理学療法科学域 学域長 山田 拓実

→首都大学東京 理学領域学科公式サイト

https://www.hs.tmu.ac.jp/graduate/rigaku/info.html

 

こちらのサイトに教員一覧ものっていますが、X先生はどの方なのか特定できませんでした。

教育現場の問題に詳しい渥美陽子弁護士は、こう話す。

「実習中に怪我を負ったのなら、担当教員や大学が、事故を防ぐための措置を怠った『安全配慮義務違反』の可能性がある。大学は、そのような義務違反がなかったか事実関係を調査し、結果を報告するなど、Aさんに誠実に対応すべきでした。

大学の対応は、『責任を負う可能性があるから調査しない』と言っているようなもので、無責任に感じます。訴訟に発展する前に、まず対話による解決を図るのが、大学としても賢明であったと思われます」

現在もAさんのもとには、X氏やY氏、大学からの連絡はなく、また同級生らに調査をおこなった様子もないという。2020年4月、「東京都立大学」の名称に戻る予定の首都大学東京。“学生ファースト” を蔑ろにしたままでいいわけがない。

今後Aさんがどう出るかはわかりませんが、仕事も辞めざるを得なくなってしまった事は事実ですので、隠蔽せず大学側にもしっかり受け止めて対応していって欲しいですね。

国際徒手理学療法学コース偏差値は?

今回Aさんが通ていった首都大学東京の国際徒手理学療法学コースの偏差値はどのくらいなのでしょうか?

大学受験パスナビで調べたところ

偏差値 は55.0~60.0ということがわかりました。

ネットの反応

ヤフーニュースのトップページに首都大てあったからいいニュースかな?と期待してみたら悪いニュースだった

私も高校生の時体育の先生に似たような事をされて以来腰が痛くなり椅子に座布団を敷かなければ座ってられなかった。それから病院を転々とし、最後はカイロプラクティックで治した(時間はかかった)思い出した。
この写真見てショック…

大学は怖いですね

大学生はまだ社会経験が未熟なのに親の目から離され、本当に危険な時期です。

とにかく、都立大は受験しないほうがいい

 

医師から診断書が出ていて、その症状と講義内容との間に因果関係を立証できれば、
大学のセンセイによる傷害事件、およびその隠蔽
だな

安くない受験料・学費を払ってまで
行きたい大学ではないな

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です