【体罰】お茶の水女子大付属中30代男性教諭の名前は誰?男子偏差値は?


こんにちは!編集部の桜田です!

東京都文京区にあるお茶の水女子大付属中校で体罰があり、ニュースとなっています。30代男性教諭が2年生の生徒を蹴り大怪我。

お茶の水女子大学附属中学校について、問題の30代男性教諭と男子や偏差値についてまとめます。


お茶の水女子中30代男性教諭の名前は誰?

毎日新聞では次の通りに報じています。

お茶の水女子大学付属中学校(東京都文京区)の30代の男性教諭が、2年生の男子生徒に足で蹴る体罰を加えていたことが20日、関係者への取材で判明した。生徒はあばら骨を折る大けがをした。警視庁大塚署は傷害の疑いもあるとして教諭から任意で事情を聴いた。

関係者によると、教諭は9月中旬の放課後、校内で男子生徒を足で蹴った。学校は同月下旬に大塚署に相談した後、臨時保護者会で経緯を説明した。生徒は既に回復しているという。

捜査関係者によると、教諭は同署の聴取に対して生徒にけがをさせたことを認めているという。

お茶の水女子大の広報担当者は、教諭が現在は自宅謹慎中であることを明らかにしたうえで、「不適切な行為があったことは把握しているが、警察に話をしているので詳細は控えたい」としている。

お茶の水女子大付属中校は東京都文京区大塚にある国立の中学校です。

今年の9月中旬、夏休みが明けてすぐに事件は起きました。

お茶中に通う男子生徒2年生が、30代男性教諭に放課後蹴られ、骨折などの大怪我をしました。

この大ケガを負わせた30代教諭はいったい誰なのでしょうか?

現時点で名前は公表しておりません。

体罰を行ったのが放課後であり、「体罰」という言い方をしてありますから何かの部活の顧問であった可能性は高いと思われます。

部活中であった場合何部なのかはわかっておりません。

現在、その30代教諭は自宅謹慎中とのことです。

この問題に関して学校側では臨時保護者会が開かれるなど、全校生徒や親にまで広がっている問題と言えますので全校生徒がこの男性教諭の名前は把握していることになります。

大怪我を負った生徒は現在2か月が経とうとしていますがすでに回復しているようです。

男子の偏差値は?

お茶の水付属女子大付属中学校という名前ですが男女共学の中学校です。略称でお茶中とも言われています。

高等学校や大学は女子のみですが、附属幼稚園、小学校、中学校は男女共学です。

そんなお茶の水付属女子大付属中学校の偏差値を調べてみました。

偏差値に男女でばらつきがあるようで、2019年の情報で男子が偏差値47、女子が65と男子の方が低く差があるようです。

お茶の水女子大学附属中学校住所〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1

 

 

ネットの反応

秋篠宮家の長男悠仁さまの事件があった中学ですね

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です