ユサンチョル(元横浜F)が膵臓ガン宣告!経歴や選手キャリアと結婚した嫁は?


こんにちは!編集部の桜田です!

元Jリーガー横浜Fマリノスや柏ソレイユで活躍したユサンチョル(柳想鉄)、現在は韓国のK1リーグ仁川ユナイテッドで監督を務めるユサンチョルが所属チームのサイトおよびfacebook、ツイッターでやで自身がガンであることを伝えました。

ユサンチョル(柳想鐵)監督の経歴や選手キャリアと結婚した奥さんについてまとめます。


ユサンチョル監督(元横浜)が膵臓ガン宣告!

では次の通りに報じています。

かつて横浜F・マリノスや柏レイソルでプレーし、現在は仁川ユナイテッドの指揮官を務めるユ・サンチョル監督が、ステージ4の膵臓がんであることが分かった。仁川のクラブ公式サイトが同監督のコメントを掲載している。

同監督は19日にクラブを通じて膵臓がんを患っていることを告白。「様々な噂が流されている私の健康状態に関して、私が直接ファンの皆さんに申し上げなければならないという判断ができた」ため、報告に至ったことを説明した。

体調に異常を感じたのは「今年の10月中旬頃」であったという。「体に黄疸症状が現れるなど、異常な兆候が発生したため、直ちに病院を訪ね、精密検査を受けた」。検査の結果、「膵臓がんのステージ4」を告げられた。本人は「受け入れがたい診断だった」と、当時の心境を振り返っている。

ユサンチョル監督自身でも受け入れがたい事実としていますが、今年の10月ごろ体に黄疸が現れるなどの症状が出て病院で精密検査を受けたところ、ステージ4にまで進行したすい臓がんが見つかったとのことです。

韓国内でユサンチョル監督の病気に関する様々な噂が飛び交っていたようで、ファンや関係者に伝える流れになったとしています。

「サッカー人としてのプライドをかけて
仁川のKリーグ1部残留のために最善をつくします。

ファンの皆さんが最後まで信じて応援してくださるように、
私も最後まで諦めない。

病魔に勝ちます」

膵臓癌ステージ4は手術ができない病状であり、ご本人が一番わかっているかと思いますが余命のことも心配です。

ユサンチョル(柳想鉄)プロフィール
生年月日 1971年10月18日(48歳)
出身地 ソウル特別市
身長 184cm
体重 78kg

ユサンチョル監督は現在すい臓がんを患っていますが、プロになった時にはすでに片目が見えない状態だったようです。

片目が見えないという状態でサッカーを続けてこられたようです。



経歴や監督選手キャリア

柳想鐵(ユサンチョル)自身が現役時代を振り返る動画です。

Jリーグ公式チャンネルより。

【選手キャリア】

1994年〜1998 年蔚山現代
1999年〜2000 横浜F.マリノス
2001〜2002003.07、 蔚山現代
2003.07〜202.07 柏レイソル
2002.07〜04 横浜F.マリノス
2005 蔚山現代

【監督経歴】

2009〜2011.06春川機械発表監督
2011.07〜2012大田シチズン監督
2014〜2017蔚山大学の監督
2018〜2018.08全南ドラゴンズ監督
2019.05〜現在仁川ユナイテッド監督

【代表キャリア】

1994広島アジア大会代表
1996第11回AFCアジアカップ国家代表
2001FIFAワールドコンフェデレーションズカップ代表
2002韓日ワールドカップ代表
2004アテネ五輪サッカー代表

結婚した嫁は?

現在48歳のユサンチョル監督ですが、結婚はしているのでしょうか?

調べてみたら配偶者はいるようです。

お嫁さんの名前はチョイヒーサンという名前という事しかわかりません。

どんな方なんでしょうか?

48歳ですからお子さんもいてもおかしくないと思うのですが、プライベートな家族のことは一切情報がつかめませんでした。

ネットの反応

サンチョル〜(´・Д・)」 ファイティン〜(´・Д・)」 数年前OB日韓戦で来日した時に友人と出待ちしてファンサしてもらった時は元気だったのになぁ。

今でも大好きな大好きな選手。 オールラウンドなプレーヤーで韓国人らしいいつも強気なプレーが大好きで太極旗や代表ユニのもサインもらった。 頑張れ‼️想鐵兄さん‼️

がんの克服には時間がかかるかと思うけど 治して現場復帰して そして、いつかはマリノスへ戻ってきてほしい

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

ましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です