志村動物園の白井家が問題飼育?動画や場所はどこで父とは離婚?


こんにちは!編集部の桜田です!

志村動物園で人気コーナー「白井家」。身寄りのない動物を引き取り育てているす静岡県の家族です。
そんな白井家に週刊文春が不適切飼育問題のネタを取り上げました。

どんなところが不適切な飼育なのかと動画や白井家の場所、父について取り上げます。


志村動物園の白井家が問題飼育発覚?

View this post on Instagram

白井家のパイン&ラスティと一生に残る思い出写真撮りませんか?🐴💕 11月3日 3組限定‼️(残り2組) (場所) 白井家 (静岡県浜松市) 決定された方のみ住所お伝えします (時間) ヘアメイク、お着替え、撮影全て込みで4時間予定 (空き状況) 8時~(×)すでに1組埋ってます🙏 10時~(⭕️)12時~(⭕️) (料金) 衣装レンタル(ドレス、タキシード)、衣装持ち込みオッケー、 プロのヘアメイク、三面アルバム 他の写真も欲しいなどありましたら別途で受け付けいたします✨ こちらは当日要相談 (注意事項) 白井家の動物達に故意に危害を加えたら即退場して頂きます 怪我などの責任は一切負担できませんのでご自身やご家族の気配り宜しくお願いいたします。 悪天候場合要相談 乗馬体験もでき、白井家の可愛い動物達とも会える楽しいイベントです💕 一緒に思い出作りましょう✨ お申し込みは kami.family6@gmail.com お願いします!

A post shared by 白井家 (@kami_family6) on


文春では次の通りに報じています。

白井家の近隣住民Aさんが語る。

「テレビ出演前から、白井家のトラブルはありましたが、出演後に急増したんです。

 

以前はなんとかできる範囲で動物を飼育していたようですが、当初18匹だった動物がこの1年で37匹に倍増し、明らかにキャパシティを超えてしまっている。有名なイケメン兄弟の動物への扱いも悪すぎます」

 

いちばんの問題は動物たちの当初18匹だった動物がこの1年で37匹に倍増し、明らかにキャパシティを超えてしまっている。

 

「動物の鳴き声はほのぼのしていいんですけど、白井さん宅の裏に山積みされている動物の糞尿が、雨が降るたびに裏の道路側に流れ込んでしまうんです。そこは小学校の通学路になっているので、子供たちは通るたびに『臭い臭い』と言っています」

 

「動物を飼いたいなら、ちゃんとしつけてほしい」と語るのは、別の近隣住民Cさんだ。

 

「白井家からは頻繁に動物が逃げ出すんです。

 

『志村どうぶつ園』でも、白井家の馬やヤギが逃げ出した騒動をおもしろおかしく放送していましたが、笑い事じゃない」

 

 2019年1月19日放送回では、馬が脱走し、大騒ぎになった様子が放映されている。

 

「この脱走事件とは別に今年9月27日15時頃にも馬が脱走し、近所の道路を並んで歩いていたんです。

 

その道は小学生の通学路なんです。

 

子供たちが馬に蹴られたらひとたまりもありません。

 

交通量が多いから馬が車と衝突する可能性だってあります。事故が起きてはいけないと急いで警察に連絡しました。パトカーが出動して、一時騒然となりましたよ。テレビではおもしろおかしく編集して放送されていますが、大事故が起きるのも時間の問題です」

 

Dさんに噛みついたのは、ラブラドールレトリーバーのトーマスだ。体重が40キロほどあり、立ち上がると人間の大人くらいの大きさになる。白井家からは事件後、治療費2万円とお詫びの手紙が同封された封筒が届けられたという。

 

志村動物園で放送されている白井家では現在、37匹もの犬やヤギ、ウサギや馬を飼育しています。

 

身寄りのない動物たちを保護し育ている白井家ですが、文春の報道が事実だとすると色いろ飼育に問題があると文春はネタにしました。

 

白井家が飼育できるキャパを超えてきてしまっているそうで、当初18匹だった動物がこの1年で37匹に増えてしまいました。

 

人気番組のメディアで放送されたのが原因というのが大きいのでしょうか?

 

倍近くに増えているのがわかります。

しかし動物って1匹でも飼うのってとても大変ですよね。

 

この他、

●排泄臭問題、糞尿を自宅の裏に山積み?

●馬が通学路に逃げ出して騒動

●ラブラドールレトリーバーのトーマス君にかみつかれた

 

飼い犬のトーマス君がかみついたのは1度ではないようです。

 

この問題に関しては殺傷処分寸前まで進み、回避はしたものの相変わらず放し飼いは変わらず脱走が繰り返されているそうです。

View this post on Instagram

カールおじさんみたい。

A post shared by 白井家 (@kami_family6) on

「トーマスに咬まれた人は複数いるんです。由紀子さんが『浜松市とトーマスの殺処分も含めた話になってしまいそう』と話していました。なんとか殺処分は回避したみたいで、今でもトーマスは白井家で飼育されています。百歩譲って、飼育方法を改めるなら別にいいんです。でも変わらず家で放し飼いにして、いまだに何度も脱走している。トーマスのためにもしっかりしつけてあげてほしい」

近隣住人はいろんな意味で頭を悩ましているそうです。

 

この件に関し、白井家の長男次男に文春が直撃取材をしたところ、今すぐにでも謝りたいと言っていました。

 

でも誰が言っている?の質問に文春は答えられる様子もなく・・・

この動画に対し、文春に非難のコメントが多数。

保護して飼ってるの凄いのに
週刊文集さん酷いよ

行き場のない動物たちを引き取る事自体すごい。普通じゃ出来ないことなのにそんな心優しい人達をいい歳こいた大人が揚げ足取って稼いだ金で食う飯は美味いですか?親も泣いてますよ

今すぐ撤退して下さい!
週刊文春いらない!
この国から消えて下さい!

 

これからも白井家のムリの無理のない範囲で動物たちの世話を続けていってほしいですね。

 

 

志村動物園の白井家の動画は?

やはり、暖かいご家族ですよね。

 

飼育にかかるお金も大変だと思います。

 

今回の文春の報道で、どうか今やっている辞めたりしないで欲しいですね。

志村動物園の白井家の父は?

白井家には父親が出てこないそうです。

 

それなのに動物たちの飼育費などはどうしているのか!!?

 

というところに気になる方が多いそうです。

 

母親の由紀子さんの2019年2月1日のインスタで自身がシングルマザーであることを公表しています。

 

離婚している可能性が高いかもしれません。

 

でもお子さんたちがもう大きいので心配はないですね、きっと。

白井家の場所は?

白井家場所は、静岡県浜松市西区大山町というところまでわかっています。

 

東名高速道路、浜松西インターからおりてそんなに遠くない場所と思われます。

 

近くには花川運動公園があります。

ネットの反応

楽しく拝見していたのですが、猫は不妊手術しないのかなとは思っていました。うさぎもオスとメスを会わせないように飼うことは出来るし、ヤギもそうしないのかなと思っていました。どんどん産まれるのはどうなのだろうと。競走馬の99%は殺処分されると先日牧場に書いてありましたから、そのお馬さんを引き取るなどはとてもいいと思いますが、一方でそんなに増えたらそういう活動も出来なくなっていきます。いつも楽しませて貰っているので今後も良い方向へいってほしいです。

行き場のない動物を保護しているという面では素直に凄いと思っていますが、以前から過剰飼育により動物の世話や環境の維持が疎かになってしまうのではないかと心配はしていました。
そもそも、殺処分の危機にある動物を引き取っているのに、その引き取った動物を妊娠させて増やしてしまっている状況に多頭飼育崩壊の危険性がチラつきます。
オス・メス分けての飼育管理は勿論の事、脱走させるなんてとんでもない。
行き場のない動物を引き取る事は素晴らしいですが、その飼育管理にはもっと責任を持つべきだと思いますね。
へたをすればアニマルホーダーと同じになってしまいますよ。

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です