中国北京で肺ペスト患者入院中の原因は?感染経路と対策や治療法は?


こんにちは!編集部の桜田です!

中国の北京で肺ペスト患者が2名入院していることがわかり、中国では感染予防対策をしたことが報じられました。感染したのは内モンゴル出身の方とうことが日本でも報道されています。

ペストとはいったいどんな感染症なのか?ペストの感染経路や日本での治療法についてまとめます。

中国北京で発生した肺ペストの原因とは?

新華社通信では次の通りに報じています。

中国でこのほど2人が肺ペストと診断され、北京の病院で治療を受けている。

当局が12日に明らかにした。

この地域でペストの患者が確認されたのは、今年に入ってこれで2度目。

今回感染が確認されたのは内モンゴルから来た2人の患者で、北京の病院で肺ペストと診断された。現在は北京の朝陽区にある病院で治療を受けており、当局は感染予防のための対策を講じた。

世界保健機関(WHO)によると、今回中国で患者が発生した肺ペストは特に危険性が高く激しい症状を伴い、治療しなければ確実に死に至る。

中世の欧州ではペストの流行で5000万人が死去。その後抗生剤が開発され、早期に治療を受ければほとんどは回復が見込めるようになった。それでもペストが消えることはなく、ここ数年は再び台頭する傾向にある。

感染の危険にさらされた人は全員追跡され、処置を受けたとしている。また病院は、類似症状に対する監視を強化したという。

内モンゴルでは、慢性的な干ばつが気候変動で助長され、ネズミの数が増加している。

内モンゴル出身の2人が中国北京市内の病院まで救急車で搬送され肺ペストだと診断されました。

救急車で搬送されてきたとありましたので、内モンゴルから北京までどのくらいの距離を移動してきたのかざっと調べてみたのですが、内モンゴル市内から北京の朝陽区までは600キロくらいありそうです。

東京から大阪よりも遠い距離です。

その間、ドライバーさんや救急車の方も同乗している方もいましたよね。

病院に到着してからは、隔離され予防と管理措置がとられて治療が続ているようです。

 

また、この肺ペストを発症した患者たちの関係や性別年齢はわかっていませんが、この二人に関わった人全員に追跡が行われ処置をしているとのことも報道されています。

 

ペストは3種ある、肺ペストとは?

ペストとは、強制隔離し得る数少ない法定伝染病の一つで、3種類あります。
今回発症が確認されたペストは肺ペストです。

 

●腺ペスト(リンパや血液から起こるタイプ)
●敗血症型ペスト
●肺ペスト(肺に菌が侵入する非常にまれな例だが一番危険なタイプ)

 

各症状の詳細は過激なもおもあるため、こちらではひかえさせていただきます。

詳細は国立感染症のサイトでご確認ください。

→国立感染症研究所 公式ページ

ペストという感染病自体、日本では1926年以降発症の報告がないので、古い病気だと思われがちですが、2000年以降もマダガスカル、コンゴ民主共和国、ペルー、アメリカ合衆国では毎年発症が見つかっています。

 

ペストの感染経路と対策は?


ペスト菌の感染経路は歯を持ったネズミなどげっ歯類(りす・ねずみ・やまあらし)からノミを介して感染します。また、感染したヒトや動物の排泄物から傷口や粘膜から感染したり、飛沫物によって感染したりすることもあります。

 

同じく北京では5月にはモンゴル人の夫婦が現地で療法食とされるマーモット(げっ歯類)の腎臓を生で食べ、腺ペストにかかり、なくなってしまいました。

 

今回の内モンゴルでは慢性的な干ばつが原因で気候変動にもよることから、ネズミの数がここ数年増加していることも考えられるようです。

日本でのペストの治療法は?

今回北京で発症が見つかった肺ペストは、特に危険性が高く激しい症状を伴うため、治療しなければ確実に命が危ぶまれるとのことですが、今日では抗生物質が発達しています。

 

日本国内で感染した場合は、ストレプトマイシンやゲンタマイシンといった抗菌薬で治療を行います。

 

日本国内ではあまり知名度がないようですが、各都道県に1か所ずつ特定感染症指定医療機関または第一種感染症指定医療機関という政府に指定された医療機関が設けられているのでそちでの隔離された治療が考えられるとのことです。

 

感染症専門医が書いているページ参照https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20191114-00150847/
こちらのサイトより画像も引用しています。

ネットの反応

 

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です