市川貴紀逮捕!放射性物質保持 本人顔画像と出身大学やfacebook特定!住所や職業は?


こんにちは!編集部の桜田です!

放射性物質の「アメリシウム241」を自宅に隠し持っていた容疑で、名古屋市の34歳の会社員、市川貴紀容疑者が逮捕されました。

名古屋市で元大学生が爆発物などを製造した罪で3月に実刑判決を受けた容疑者と事関係関係があるようで警察が入手ルートなどを調べています。


市川貴紀逮捕!放射性物質保持

NHKでは次の通りに報じています。


画像はテレビで放送されたニュースより

逮捕されたのは、名古屋市守山区の会社員、市川貴紀容疑者(34)です。

警察によりますと、ことし4月、自宅アパートで、放射性物質の「アメリシウム241」が入った容器8個を国の許可を得ずに隠し持っていたほか、爆発物の原料となる「塩素酸カリウム」およそ157グラムを保管していたとして、放射線障害防止法違反などの疑いが持たれています。

名古屋市で、元大学生が高い殺傷力がある爆発物「過酸化アセトン」などを製造したとして、3月に実刑判決を受けた事件の関係先として、警察が市川容疑者の自宅を捜索したところ見つかったということです。

調べに対し、アメリシウム241については容疑を認める一方、「塩化カリウムを電気分解したが、塩素酸カリウムができたという認識はない」と供述しているということです。

アメリシウム241は「煙感知器」に使われることがある人工の放射性物質で、体内に取り込まれると内部被ばくするおそれがあるということで、警察が入手ルートなどを調べています。

市川貴紀容疑者34歳は今年の4月の捜査の結果、自宅に放射性物質の「アメリシウム241」が入った容器8個と爆発物の原料となる「塩素酸カリウム」およそ157グラムを保管していた容疑で逮捕されました。

 

先に逮捕された、爆薬の過酸化アセトンや3Dプリンターで拳銃を製造した容疑で逮捕された名古屋市緑区の元大学生20歳の男(3月に実刑判決が出た容疑者)の関係先として浮上し捜査となりました。

 

実は、市川貴紀容疑者は大学生だった2004年にも自宅で爆発を起こしています。

 

警察は入手経路を捜査中です。

 

名古屋では11月末に世界規模の会議「G20愛知・名古屋外務大臣会合」が開催される予定でアメリカやイギリス、中国など世界各国の外務大臣たちが一堂に集う首脳会議に次ぐ重大な国際会議です。

 

今回、ネットの捜査により市川貴紀容疑者の情報を掴んだようで今回逮捕に至ったようです。

 

愛知県警はこれまでに対策や訓練を積み重ねており、テロ行為を起こしかねない人物に最大限の警戒を払っているようです。

本人顔画像とfacebook特定!

 

 


市川貴紀容疑者の本人顔画像とfacebookが特定されています。

 

本人のプロフィールから出身大学は名古屋工業大学とわかりました。

 

2017年まで更新が見られますが、ゲームで使用していたアカウントなのか特に生活状況がわかるものはありませんでした。

市川貴紀容疑者の住所や職業は?


市川貴紀容疑者の住所は名古屋市守山区という所までわかっています。

 

地図で確かめると、守山区はとても広いことがわかります。

 

テレビニュースで自宅アパートの映像は写し出されましたが、正確な場所は特定できませんでした。

市川貴紀容疑者職業も会社員という所までしかわかっていません。

ネットの反応

どうやってアメリシウムを手に入れたのかも問題だな。普通のルートじゃまず出回る事はない。

なぜ会社員が何に使うため所持してたのか?
それと、なんで警察が所持してたのがわかったのか知りたい。

放射性物質も爆発物も危険だが、この人間の思想の方がよっぽど危険。
現時点では大きな罪に問えないだろうから出てきてしまう。
その後が恐ろしい。
行動監視などして欲しい。

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です