首里城全焼の出火原因は?首里城祭や現地SNSの反応と世界遺産について


こんにちは!編集部の桜田です!

31日未明沖縄県那覇市の有名な観光名所の世界遺産遺産でもある首里城が「正殿」など中心的に建物がすべてが全焼しました。火は9時間以上たってから消し止められました。目撃者の話などから「正殿」から火が出たとみていますが、出火原因はいったい何だったんでしょうか?


首里城全焼の出火原因は?

NHKニュースでは次の通りに報じています。

31日午前2時30分すぎ、那覇市首里当蔵町にある首里城で、火災報知器が作動し、駆けつけた警備員が「正殿」の内部から煙が上がっているのを確認しました。
消防が消防車30台を出して消火にあたっていますが、この火災で「正殿」のほか、「北殿」と「南殿」も全焼し、これらを含めた7棟、合わせて4000平方メートル以上が焼失しました。発生から9時間以上がたち、火はほぼ消し止められたものの、一部で煙が出ていて、消防が消火活動を続けています。

消防によりますと、「正殿」には、延焼を防ぐための設備のほか、周辺には放水装置などが備えられていましたが、発生からしばらくの間、火災による熱が強くて消防隊が現場に近づけず、次々とほかの建物に燃え広がったということです。

首里城は、琉球王国時代のおよそ500年前に建てられ、昭和8年に国宝に指定されましたが、太平洋戦争中の沖縄戦で焼失しました。

平成4年以降正殿などが順次復元され、平成12年には城跡が県内にあるほかの城跡とともに「世界遺産」に登録されています。

31日午前2時30分すぎ、沖縄県那覇市首里当蔵町に位置する歴史的建造物であり観光スポット、首里城の正殿の内部から出火し「正殿」「北殿」「南殿」と全てが全焼してしましいました。

現時点で出火の場所は「正殿」とわかっていますが、出火原因は分かっていません。

小学校や公民館3カ所に計約30人が避難し、午後7時半に全員が帰宅しています。

SNSやメディア上では悲しみの声が広がっています。

首里城全焼により現地の方のSNSでの反応


首里城祭について

首里城では、今月27日より琉球王国時代の儀式を再現する目的の「首里城祭」というイベントが開かれていいました。

出火は時間は夜中の2時半とのことですが、火災が起きた日にちは「首里城祭」のさ中とのことで、

警察によると、31日未明まで開催予定の催しの準備などが行われていたということです。

また、今年の立芸術大学 芸大祭は首里城全焼のため、中止が発表されました。

首里城=世界遺産について

2000年(平成12年)12月に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。

世界遺産の登録は正確には「首里城跡(しゅりじょうあと)」です。

今回全焼していしまった、復元した建物や城壁は世界遺産に含まれてませんでした。

敷地内には世界遺産に登録された「玉陵」、「園比屋武御嶽石門」の他、第二尚氏の菩提寺である円覚寺(えんかくじ)跡や国学孔子廟跡、舟遊びの行われた池の龍潭や弁財天堂(べざいてんどう、天女橋)などの文化財があります。

ネットの反応

焼け跡の映像が流れていたが、完全に焼け落ちてた上にまだ火が残ってた。鎮火作業をしていなかったのはなぜだろう?
それに、重要文化財の場合は、滝のように四方八方から放水するものなのに、映像では4線くらいしか確認できなかった。
濠があるから水利には事欠かないはず。

防火体制どうなってたの?

沖縄県民ですが近くて遠い首里城ですが
シンボルがこんな形で消滅するのは寂しいです
遠足の思い出・家族や友人との思い出が一夜にして悔しい限りです
首里城祭りがあって準備とか幻想的な明かりを売りにするお祭りも全部消えてしまいましたが
前向きに復興を願いたいです。

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です