ニッスイいわし水煮缶に菌混入で自主回収はどの種類?商品画像や返送方法は?


こんにちは!編集部の桜田です!

日本水産は29日、缶詰商品の「ニッスイいわし水煮(175g )」5 万5872 個を自主回収すると発表しました。ベトナムの工場で生産されたもので、缶を加熱殺菌した後に菌が混入したとみられています。

ニッスイでは缶詰商品を多数販売しているため、どの商品なのかの画像と返送方法を取り上げます。


ニッスイいわし水煮缶に菌混入

ニッスイの公式サイトpdf資料では次の通りに報じています。

弊社が販売しております缶詰「いわし水煮(175g)」の一部に、膨張した商品が発生しているこ
とが判明しました。発生した原因は、現在調査中ですが、加熱殺菌工程後の二次汚染と推察しております。
10 月 29 日時点で、本品による健康被害に関するお客様からのお申し出はございませんが、万全を期すべく自主回収をさせていただきます。

お客様のお手元に対象商品がございましたら、お召しあがりにならず、大変お手数ではございますが、下記の
送付先まで送料着払いでお送りくださいますようお願い申しあげます。後日改めて返金いたします。
本品をお買い求めいただいたお客様にはご心配をお掛けする結果となり、深くお詫び申しあげます。
今後は一層管理の徹底に努める所存でございますので、何とぞご理解を賜りますようお願い申しあげます

ニッスイが販売している缶詰「いわし水煮(175g)」の一部で腹痛を起こしかねない菌が繁殖し、中身が膨張したものが見つかったため自主回収をはじめました。(時事通信の報道記事より)

10月29日時点では「購入した客より健康被害の訴えは届いていない」としていますが、「体調などにより、食べるとお腹を壊す恐れがある」として、食べずに商品を返送するよう呼び掛けています。

 

ニッスイ公式サイト→http://www.nissui.co.jp/

サイトの上の方にお詫びと回収のお知らせという所からpdfを見ることができます。

Amazonでは対象のいわし水煮(175g)は2019年10月28日現在では販売していないようです。

楽天では9月1日以降のものが販売されているようです。

ニッスイいわし水煮缶自主回収どの種類?

 

ニッスイでは缶詰を数多く販売していると思うのですが今回、回収の対象になっている商品は

  • 缶詰「ニッスイいわし水煮(175g) EO缶(プルトップ缶)
  • JANコード 2022.7、2022.8(缶の蓋にある2行目の印字)
  • 原産国 ベトナム
  • 輸入社 日本水産株式会社
  • 販売地域 全国

商品画像は?

ニッスイ公式サイト内で告知してる対象商品の画像です。

缶詰は非常食などに多く用いられますので、目につかない場所に保管されてしまっている場合が多いと思いますが、対象のJANコードをしっかりチェックした方が良いと思います。

いわしの水煮の商品は楕円の缶に入った、「いわし味付け」や「いわし味噌煮」という商品もありますがこちらは問題ないようです。

いわし水煮缶の返送方法

【送付先住所】
〒039-2241 青森県八戸市市川町字下揚1-1 電話 0178-32-0801
八戸通運(株)倉庫営業所 いわし水煮缶詰回収係

●お客様の郵便番号・ご住所・お名前・お電話番号を必ずお書き添えください
送料着払いでご送付いただきますよう、お願い申しあげます。

 

【お問合せ先】日本水産株式会社 お客様サービスセンター
電話 0120-837-241
受付時間:土・日・祝日を除く、午前 9 時から午後 5 時まで
11 月 2 日、11 月 3 日、11 月 4 日の上記時間は受付けいたします。
なお、お客様からご連絡いただきました個人情報は、本件以外には使用いたしません。

 

※対象の商品は着払いで返信するようです。

 

 

ネットの反応

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です