死因は病気?すい臓がん八千草薫死去 CMや宝塚時代を動画で振り返る


こんにちは。編集部の桜田です。

今月24日、女優の八千草薫(やりぐさかおる)さんが死去しました。
享年88歳でした。
八千草薫さんは映画やテレビで日本女性の役などを演じ、物腰がやわらかい上品な女優さんで幅広い世代に親しまれた。

八千草さんのCMや宝塚時代の映像で振り返ります。


八千草さんは大阪府の出身で、宝塚音楽学校を経て宝塚歌劇団に入り、昭和26年に本格的に映画デビューしました。

映画「宮本武蔵」や「蝶々夫人」、舞台の「二十四の瞳」などでかれんでひたむきな日本女性の役を演じて人気を集め、一時代を築きました。

昭和52年には、民放のドラマ「岸辺のアルバム」で秘密を抱える主婦を演じて役の幅を広げたほか、昭和54年から翌年にかけてNHKで放送されたドラマ「阿修羅のごとく」では四人姉妹の次女役を演じて、歯にきぬ着せぬ姉妹のやり取りなどが話題になりました。

また、NHKの大河ドラマ「独眼竜政宗」では、豊臣秀吉の正室、ねねの役を演じました。

その後も温和な母親や上品なおばあちゃんの役など多くの映画やドラマに出演し、平成9年には紫綬褒章、平成15年には旭日小綬章を受章しています。

80歳をすぎても民放のドラマ「やすらぎの郷」に出演するなど活躍を続けてきましたが、去年1月にすい臓がんの手術を受けたあとことしに入って肝臓がんが見つかり、治療に専念していました。


女優の八千草薫死去 死因はすい臓がん

今月24日、女優の八千草薫さん死去しました。

死因はすい臓がんを患っており、闘病していました。

東京都内の病院で死去したことが報道されています。

八千草薫さんは2019年に出版したフォトエッセイに、自身の闘病中の思いや、仕事に対する決意を綴っていました。

エッセイのタイトルは「まあまあふうふう。」です。このフォトエッセイが最後の出版物となってしまいました。

癌の告知を受けてから民放のドラマを降板した話や自分の役者の考え方などが書かれています。

闘病中も今後、体調に自信が持てるようになれば、「ちょっとだけ背伸びをして」できる範囲で仕事に復帰していきたいという意思をお持ちでした。

では次の通りに報じています。

女優の八千草薫のCM

どのCMも八千草薫さんの品の良さが伝わってくるCMです。

1983年ビゲンヘアカラー

皇潤

1998年ポリデント

レオパレス

女優の八千草薫宝塚時代&お若い頃の写真


SNSには八千草薫さんへのメッセージとともに、お美しい若い頃の写真がたくさん届いています。

八千草薫さんは1947年に宝塚に入団しています。

本当にお美しい写真ばかりですね。

世間の反応

八千草さんの代表作は、この記事にもいくつも書かれていますが、彼女の魅力が最も表れていた作品といえば、向田邦子脚本の「阿修羅のごとく」ではないでしょうか。四姉妹の次女・巻子で夫の浮気を疑う主婦。気丈さと、どこかとぼけた味わいの絶妙なブレンドに、他の女優では考えられないほど彼女の個性がマッチしていました。桃井かおりの姉を演じた「ちょっとマイウェイ」も、延々とジャガイモを剥き続けてしまうなど「ぼんやり」した魅力が発揮され、隠れた代表作だと思います。
6話で降板(病気という理由。その後、渡辺美佐子が引き継いだ)しましたが、山口百恵の母親を演じた「赤い疑惑」も知られざる適役です。
現場が一緒になったスタッフから話を聞いたことがありますが、じつに柔らかな口調と穏やかな性格で周囲を和ませるという、まさにドラマのイメージそのものだったそうです。

えー!まだまだお元気なイメージなのに…
いつまでもお綺麗な凛とした女優さんでした。
御冥福をお祈りします。
話は変わるが
吉永小百合が74歳ってのも、仕事の流儀を見て
驚いた…

最後までお読みくださり、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です