【死因は病気?】吾妻ひでお死去 書籍:美少女コレクションと不条理日記


こんにちは。編集部の桜田です。

おたく文化の祖とも言われたカリスマ的存在のギャグ漫画家であり同人作家の吾妻ひでおさんが都内の病院で死去しました。享年69歳でした。

デビュー作はリングサイドクレージーです。

有名な作品では「ふたりと5人」「不条理日記」「ななこSOS」があり、自らのアルコール依存症治療体験を漫画にした「失踪日記」では話題を呼んだこともありました。

この作品では日本漫画家協会賞大賞や文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞などを受賞しています。


吾妻ひでお死去さん死去、死因は病気?

日刊スポーツでは次の通りに報じています。

 
「失踪日記」で知られる漫画家の吾妻ひでお(本名:日出夫:ひでお)さんが13日未明、東京都内の病院で死去した。69歳。北海道出身。葬儀・告別式は近親者で行った。食道がんで闘病していた。

1969年にデビュー。テレビアニメ化もされた人気作「ななこSOS」のほか、「ふたりと5人」などのギャグ漫画を多く手掛け、「不条理日記」などSF・不条理をテーマにしたマニアックな作品でも注目された。

一方で、2度も失跡したり、アルコール依存症で入院したりするなど型破りに生き、漫画執筆が何度も危ぶまれた。心身が回復する過程で壮絶な実体験を漫画に描き、2005年「失踪日記」として出版。同年の日本漫画家協会賞大賞と文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、06年の手塚治虫文化賞マンガ大賞に選ばれた。ロングセラーとなった。

デビュー以来、一貫して美少女を描き、現在の「おたく文化」の源流として再評価されていた。

現在の「おたく文化」の火付け役となった漫画家の吾妻ひでおさんが13日東京都内の病院で死去しました。

享年69歳でした。北海道十勝郡浦幌町宝町のご出身で葬儀屋や告別式は近親者ですませてると報道されています。

2017年3月に食道がんが判明し、入院闘病中であることを自らのツイッター明かしていました。同じ年の5月に、手術を終え退院してからは自宅療養中だったことを公表しています。

その際におこなった手術は胃を切除し食道を吊り上げるというものでした。

マニアックな吾妻さんの作品にはファンがたくさんおり、早すぎる別れにコメントがあとをたちません。

マンガ仲間のいしかわじゅんさんはこんなコメントをツイッターに残しています。

いしかわじゅん@ishikawajun
新聞社から連絡があった。吾妻ひでおが、13日に亡くなった。闘病しているのは知っていた。それを励ますための出版企画がいくつかあって、先日もひとつ了承したところだった。俺の1歳上だったから、まだ69歳。吾妻、長いつきあいだったな。やすらかに。

闘病のさ中にそれを励ますための出版企画があり、先日1つが終了したところ、、と書かれています。

吾妻さんの死去は漫画家仲間からみてもとても残念なことでしょう。

吾妻ひでおの書籍 美少女コレクション

吾妻ひでおさんが出版した書籍に、美少女イラストばかりを載せた画集が過去に発売され、ファンの方たちにとても高評価だったようです。

タイトルは「「狂想曲 吾妻ひでお 美少女コレクション 1969~2013」という書籍で河出書房新社から発売されたものです。

ハードカバーの全128ページ、価格は3570円です。

吾妻ひでおさんの作品の魅力のひとつである美少女ばかりに作者自らスポットを当てたこの画集は、1969年~2013年までに描き溜めた中より、100人以上の美少女イラストが選出され載せてあります。

描き下ろしが5点、未発表作も6点収録されていてファンには高評価だったようです。

感想には

「ほとんどが見たことがないイラスト」「傑作」「懐かしい絵から、最近の書き下ろしまで、吾妻氏の絵の変遷歴を一望できます」「懐かしさよりも美しさに改めて感動」などがありました。

吾妻ひでおさんの作品を知る最高の美少女イラスト集のようです。

全作品には吾妻先生本人のコメントもついています。

吾妻ひでおの書籍、不条理日記とは

吾妻ひでおの漫画作品。不条理ギャグ漫画のルーツとされる作品です。

1978年12月に「別冊奇想天外」に1作目が掲載された後、1979年に自販機本「劇画アリス」で5回にわたり連載され、「奇想天外」1979年11月号に1編が掲載されました。

2006年には「COMICリュウ創刊号」にも不条理日記2006が掲載されました。

1作目は第10回(1979年)星雲賞コミック部門受賞しており、2000年5月にはNHK「BSマンガ夜話」のテーマにもなっていました。

その当時の放送内容がこちらの動画です。

世間の反応

吾妻ひでお、今だと「失踪日記」が代表作に挙げられてしまうのは仕方ないけど、日本の漫画界において、SF、ギャグ、美少女を扱うものの多くは吾妻ひでおの影響下にあると言って過言ではない。

時代を作ったひとりがまた。昭和は遠くなりにけりだなあ(´・ω・`)

偉大な漫画家がまた一人。
ご冥福をお祈りします。

最後までお読みくださり、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です