スーパーJチャンネルのディレクターは誰?業務スーパーや告白もやらせ


こんにちは!編集部の桜田です!

今年3月放送の報道番組「スーパーJチャンネル」(月~金曜後4・50)の業務スーパーの内容について、テレビ朝日が16日会見を開き不適切な演出(やらせ)があったと発表しました。


スーパーJチャンネルのディレクターは誰?

スポニチアネックスでは次の通りに報じています。


報道番組「スーパーJチャンネル」で業務用スーパーマーケットを利用する一般の客として取り上げた4人が、実際には番組の契約ディレクターの知人で初対面のように偽って撮影していたと発表しました。
テレビ朝日は「極めて不適切な演出でやらせと言われても仕方がない」として謝罪しました。

担当ディレクターはこの4人を含む多くの知人に事前に取材日程を教えるなどしていた。担当ディレクターは俳優養成教室の講師もしていて、4人のうち3人はこの教室の生徒。他の1人は別の専門学校で面識のある人物だった。

今回番組を企画したディレクターの名前は現在各メディアが取り上げていますが、どちらでも報道しておりません。

このディレクターについてわかっていることは

●年齢が49歳
●俳優養成教室の講師もしている。
●番組制作に自信がなく、知人を出演
●いろいろな場所での経験はあった
●これまで今回の企画を含み13本の企画に携わっていた。

テレビ朝日はこのやらせを行ったディレクター個人への損害賠償請求は考えておらず、派遣会社に抗議す姿勢をとっています。

業務スーパーがやらせだった

今回テレ朝が謝罪をしたのは、3月15日17時36分~53分枠で放送した「業務用スーパーの意外な利用法」という企画番組の件でした。

一般客を取材するストーリーに出演した4人のうち3人は実際は担当したディレクターが養成している俳優養成教室の生徒を使用したとのことです。他1名も他の専門学校の生徒で知り合いだったことが判明。

しかもこのうちの男性一人が別の女性を呼び出して恋の告白をする場面もあったようで、知り合いを使ったのは合計5名とのことです。

あたかも、一般人の役で出演したそうで、報酬は支払われていないとのことです。

最近は他のテレビ番組でもやらせ、その国でそんな祭りをやっていないのに祭りを勝手に企画したりした人気番組も記憶に新しいのはないでしょうか?

今回の業務スーパーの企画コーナーは関連会社であるテレビ朝日映像への業務請負枠で制作されたものでした。

放送されたのは3月ですが、10月4日に匿名で情報提供がありやらせの謝罪会見をおこなったようです。

業務スーパーの映像を探してみたのですが、残念ながら見つけるっことができませんでした。

ネットの反応

テレ朝は、制作会社が制作した番組で、『確認不足でした』との謝罪で、済まそうとしてるし
会見場のマスコミも、大手スーパーが販売中のPB商品の産地偽装発覚の会見が有った場合には、執拗に『今回だけなのか?』『この商品だけか?』『恒常的に、やってないのか?』『親会社として、圧力の与えてなかったか?』等々
高圧的に、追求するよね?
小さな業者相手だと、潰す勢いで追い込むよね?
やはり、マスコミは同業者への追求は、甘々ですか?

テレビ朝日はもう報道は止めた方が良いよ。
報道ステーションでもコメンテーターの考えが一般の感覚からずれ過ぎてるからね。

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。
他の記事も興味がございましたら、ぜひ読んでいただけますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です