防災地下神殿(首都圏外郭放水路)台風19号で稼働!見学や貯水量は?


こんにちは!編集部の桜田です!

埼玉県春日部市にある雨水を貯めて放流するする巨大な地下施設の「首都圏外郭放水路」
今回の台風19号が関東を直撃した12日には、またの名を防災地下神殿に雨水が最大10メートルほどの高さまでたそうです。この事がネットで大きな話題になりました。


防災地下神殿(首都圏外郭放水路)台風19号でフル稼働!

ライブドアニュースでは次の通りに報じています。

ネットで称賛されているのは「地下神殿」とも呼ばれる「首都圏外郭放水路」です。世界最大級のこの放水路は全長6.3キロに及び、施設全体で雨水を67万トン貯水できます。近くを流れる5つの川の水の一部をためて比較的、余裕のある江戸川へ流すことで首都圏の川の氾濫を防ぎます。

台風上陸の前日まで空だった地下神殿に水が入り始めたのは12日正午ごろです。そして、ためられた水が江戸川へ放水され始めたのは午後7時ごろ。放水した量は東京ドーム約9.2杯分だといいます。

江戸川河川事務所によりますと、地下神殿は今年に入って5回稼働しているとのことですが、フル稼働したのは4年前に鬼怒川が決壊した時以来のことだといいます。

今回の台風19号で埼玉県春日部市にある首都圏外郭放水路がフル稼働し、川の氾濫をおさえたことがネットやテレビで称えられています。

確かに東京の荒川付近などは海抜ゼロメートルで川が氾濫する前に避難するようにの告知が台風の前のニュースなどでも取り上げられていましたよね。
「ここにいてはダメです」

氾濫が起こった場合3日~2週間水が引かないという情報が、洪水浸水想定区域図(浸水継続時間)などのマップで表されていました。

【首都圏外郭放水路】台風19号が過ぎ去った翌日の見学会に参加した。過去2回見学に行ったことがあったが稼働中は初めて。70mの立坑に55mの水が溜まっていた。もしこの施設がなかったらどうなっていたか…ありがとう地下神殿(2019.10)

台風19号の翌日 稼働中の首都圏外郭放水路はこんなことになっていた「すごい」「水が入ってるとこ初めて見た」 – Togetter togetter.com/li/1417269 @togetter_jpから

 


しかし、今回の台風19号では首都圏外郭放水路がフル稼働し、これらの被害を食い止めたと想定されています。

首都圏外郭放水路は中川、倉松川、大落古利根川の5つの中小河川から水を引き込み、流量を調節しながら江戸川へ排水するというシステムで地下約50メートルに建設した施設で、トンネルで結ぶ全長6.3キロメートルもの長さがあります。

しかし、ツイッターの中にはこんな意見もあり、15日の段階ではベストツイートとなっていました。

今回の台風被害の原因究明が始まったばかりの段階で、各河川で氾濫したorしなかったかを治水対策の有無のみで説明したり、八ッ場ダムや首都圏外郭放水路等の単一の要素が首都圏を救ったというエピソードがバズっているのには引っかかりを感じる。わかりやすいストーリーに飛びつかず、堪えたいところ。

確かに、被害の原因究明がはじまったばかりというのはごもっともですよね。
この被害が最小限におさえられたことに関して今後政府から発表などはあるのでしょうか?

 

防災地下神殿(首都圏外郭放水路)を見学するには

台風19号でたくさんの水を貯めこんで排出してくれた防災地下神殿(首都圏外郭放水路)ですが、見学もできるんです。1か月前から予約ができ、ホームページをみるとわかりますが3コースに目的別に分かれているようです。全部一気に体験することはできんでしょうか?

●迫力満点!立抗体験コース
●深部を探る!ポンプ堪能コース
●気軽に参加できる!地下神殿コース

受付は龍Q館という場所で行い、その場所が集合場所です。

その後、龍Q館の展示室を見て首都圏外郭放水路の防災システムの概要や仕組みについてパネル、模型で説明をしてくださるようです。

その後、各3コースに分かれて地下神殿の「調圧水槽」や巨大竪穴「第1立坑」を見学できる流れになっているようです。

そして、再度龍Q館に戻って解散です。

防災地下神殿(首都圏外郭放水路)公式ホームページ→ https://www.gaikaku.jp/course/

防災地下神殿(首都圏外郭放水路)の貯水量はどのくらい?

 

防災地下神殿(首都圏外郭放水路)は全長6.3キロ、地下50メートルもある地下水路です。

気になる施設全体の貯水量は67万トン!

今回の台風では10メートルまで貯水されたようです。

すごい貯水量だという事は分かるのですがちょっとピンときませんよね。例えている情報がありましたので載せます。67万立方メートルの量を例えると、池袋の高層ビル、サンシャイン60の容積と同じ貯水量だという事です。

今回の台風19号では12日から14日朝までの貯水量は1千万トン、サンシャイン60ビルの15杯分を排出したそうです。この排出した量を東京ドームで現している報道もあり、9.2杯分の貯水と放流が行われたようです。

あらためて考えると膨大な貯水量ですね。

近くを流れる5つの川()の水の一部をためて比較的、余裕のある江戸川へ流すことで首都圏の川の氾濫を防ぎます。

こちらのヤフーニュースから台風当日のライブカメラの映像が見れます→ https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191015-00000046-ann-soci

ネットの反応

さすが地下神殿!
八ッ場ダムも高く評価してもよいと思う。結果論だが事業仕分けで目先の評価しかしなかった政党は今回のことで勉強してほしい。結果がすべて。

多摩川流域で外郭放水路を作るのは、土地の密集度が高すぎて困難ではないでしょうか。
もしやれるのなら神田川の分水方式で川幅を疑似的に広げる方法ではないでしょうか。
これを流量の増える多摩川中流域から大規模に河口まで敷設すれば今回のように堤防が決壊するほど水量が増えた時でも余裕ができると思います。

八ッ場ダムに岩渕水門に春日部地下神殿に埼玉彩湖などそのほかにも沢山の治水設備と多くの関係者の努力があって今回の河川氾濫は抑制することができた。不思議と被害が出なかったというようなぼんやりした印象ではなくこういった人々の努力があったことを忘れてはいけないと思う。

地下神殿の存在は知っていたけど、今回の水害はここぞという時だったのですね。
もしもこの設備が無かったら、どの地域がどれくらい被害にあっていたのかのシュミレーションがあれば見てみたい。
いっそうありがたみが実感できると思う。

最後までお読みくださリ、どもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です