【死因は病気:脳腫瘍】ロバートフォスター死去ジャッキーブラウンについて


こんにちは。編集部の桜田です。

アメリカニューヨーク州ロチェスター出身の人気俳優、ロバートフォスターさんが11日に死去したことが報じられました。
SNSにはファンからもっと作品が見たかったという、惜しまれる声がたくさん届いています。


ロバートフォスターさん死去、死因は?

スポニチアネックスでは次の通りに報じています。


フォスターさんは大学卒業後の60年代にブロードウェーでデビューし、1967年に「禁じられた情事の森」で映画デビュー。1997年にはクエンティン・タランティーノ監督の「ジャッキー・ブラウン」でマックス・チェリーを演じ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた。デビッド・リンチ監督の「マルホランド・ドライブ」(01年)「ツイン・ピークス The Return」(17年)などテレビや映画で数々の作品に出演した。

報道によりますと、ロバートフォスターさんの死因は脳腫瘍です。

享年78歳でした。

最後は4人の子供と家族に見守られながら永遠の眠りに、、とコメントされています。

ロバートフォスターさんの父親はイングランドとアイルランドのハーフで、母親はイタリア系の方でした。

ロチェスター大学を卒業した後、地方劇場の俳優で下積みをしニューヨークに移り住んでからはブロードウェイ俳優として活躍しました。

1967年の映画デビュー作品は「禁じられた情事の森」です。

1972年ザ・ファミリー

1980年アリゲーター

1983年ジェイソン/地獄の綱渡り

1986年デルタ・フォース

1990年エイリアン・コップ

2000年スーパーノヴァ

2006年ファイヤーウォール

2016年エンド・オブ・キングダム

2017年ツイン・ピークス The Return(ドラマ)

以上の作品にも出演していました。

出演作品すべてを見るには→ロバートフォスターwikipedia

ロバートフォスターはジャッキーブラウンの何役?

ジャッキーブラウンのストーリーはメキシコの航空会社に勤める中年スチュワーデスのジャッキーの物語です。

彼女は生活が苦しく武器商人オデールの運び屋の仕事も陰でやっており、ある時、オデールを追っていたFBI捜査官のレイに逮捕される。

保釈されたのち、現在の生活に行き詰まりを感じていたジャッキーは、親しくなった保釈屋のマックスと共にすべてを清算する一攫千金の計画を実行する。

保釈保証業者のマックスチェリー役を演じいたのが、ロバートフォスターです。

ロバートフォスターさんはこのジャッキーブラウンでアカデミーショー助演男優賞、候補に選ばれました。

世間の反応

最後までお読みくださり、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です