【死因:心不全】吉川貴久死去(東京五輪射撃/フリーピストル)経歴は?


こんにちは。編集部の桜田です。

1960年ローマオリンピックと1964年東京オリンピックの射撃選手で男子フリーピストル種目銅メダリストの吉川貴久さんが12日死去しました。享年、83歳でした。


吉川貴久さん死去、死因は?


サンケイスポーツでは次の通りに報じています。

1964年東京五輪の射撃男子フリーピストルで2大会連続となる銅メダルを獲得した吉川貴久(よしかわ・よしひさ)氏が12日午前2時3分、心不全のため福岡市内の病院で死去した。83歳。福岡県出身。告別式は14日午前11時から福岡市中央区古小烏町70の1、ユウベル積善社福岡斎場で。喪主は妻清子(きよこ)さん。

報道にもあります通り、1964年の東京オリンピックで射撃男子フリーピストル種目で2大会連続で銅メダルを獲得した吉川貴久さんが、12日死去しました。

死因は心不全とのことです。

出身地でもある福岡の病院で死去したと伝えられています。

告別式は14日午前11時からユウベル積善社福岡斎場でとり行われる予定です。

住所:福岡市中央区古小烏町70の1

斎場公式サイト:http://www.sekizensha.co.jp/saijyo/index.html

喪主は妻の清子(きよこ)さんです。

死因について心不全とのことですが、どのくらいの期間入院されていたかなど、れ以の情報はどちらの報道機関でも入ってきておりません。

吉川貴久さんは東京五輪射撃で銅メダル!経歴は?

1960年ローマオリンピックで3位入賞を果たし、射撃競技種目で日本勢初のメダルを手にしました。

続いて1964年の東京大会でも再び銅メダルを獲得。

自分の国で開催された東京オリンピックだったため、たくさんの重圧に打ち勝ってのメダル獲得となったようです。

1968年のメキシコオリンピック出場。

1972年ミュンヘンオリンピックと1976年のモントリオール大会で日本代表の監督を務めました。

世間の反応

東京オリンピック見たかっただろうな。

ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みくださり、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です