【死因は病気:心不全】福岡翼死去 遺志守る家族が発見 最近の様子は?


こんにちは。編集部の桜田です。

テレビ朝日系「ワイド!スクランブル」「新やじうまワイド」に出演し、芸能リポーターの草分け的存在として活躍していた福岡翼さんの訃報が入ってきました。ご存知の方もいるかと思いますが本名はふくおかたすくさんです。

福岡さんは、昭和15年、高知県出身で芸能リポーターの草分け的存在として活躍しており、映画評論家としても活動していました。

死去は2019年4月20日、享年79歳でした。

本人の遺志で公表を控えていたため、報道が今日になったようです。

福岡翼さんいついてお亡くなりになる最近までの事や、結婚について取り上げます。

動画は福岡翼さんのお若い頃、80年代に梨本勝さんとのお笑いコンビをした時の映像です。

サンケイスポーツでは次の通りに報じています。

梨元さんや前田忠明氏(78)とともに華やかな芸能ニュースでワイドショーの全盛期を支えた福岡さん。ソフトな口調と鋭い質問などで人気を集めたベテランリポーターが、静かに生涯の幕を閉じていた。

福岡さんは2011年に心筋梗塞(こうそく)の手術を受けているが、「自分はあくまでも裏方だから。周りに心配されるのは嫌だ」と、このときも公にせず。3年ほど前から仕事をセーブしており、昨年9月にテレ朝系「ワイド!スクランブル」に出演したが、基本的には読書にふける生活で、1時間のウオーキングなどで健康に留意していたという。

2019年10月5日:サンケイスポーツ


福岡翼さん死去、死因は心不全だが?

福岡翼さんの死因は慢性心不全の憎悪と報道されました。

憎悪とは些細なきっかけで一気に行状が悪化してしてしまうことです。

風邪など小さな原因でも憎悪につながるようです。

福岡翼さん死因は、息を引き取ってから後に病院で伝えられたことだと思います。

家族と食事の予定だった日に福岡翼さんは現れず、妹さんが大阪から上京してベッドの中で眠るような福岡さんの最後を発見したっことがわかっているからです。

ここでも心配を避けて電話などで連絡はしなかったのでしょうか?

福岡さんご本人の遺志に「もし死んだら、いつの間にか消えているのが良い」というのがあり、その通りの最後だったようです。

最近はどんな様子だった?

福岡さんが亡くなるまでの最近のことでわかっていることは、2011年に心筋梗塞(こうそく)の手術を受けたことがありました。

この時も周りの心配を避けて手術のことを公にしなかったようです。

この手術の後からは、自分の体を労わりながら向き合い、大好きな読書にふける生活でを送っていました。

1時間のウオーキングも行い健康的に過ごされていたそです。

昨年9月にテレ朝系「ワイド!スクランブル」にも出演されていました。

結婚についても調べてみましたが、福岡さんは独身だったようですね。

世間の反応

話し口が丁寧で、優しい印象でした。
結構お年を召されていたようで意外でしたが、亡くなられていたとは驚きました。
周りにいる人間からすれば最期のお別れもできずに…と悔いばかりが残るような気がしますが、「いつの間にか消えているのがいい」というのがご本人の遺志だったのなら、希望通りの最期が迎えられてよかったのかもしれませんね。

むかし、芸能レポーターと言えば、だいたい梨元さん・東海林さん・前田忠明さん・福岡さんの名前がでてきた。しゃべりが丁寧な方という印象。しかし79歳とは驚いた。そりゃ見てたこっちもその分歳とるはずだ。

なりふり構わずスキャンダルを追うという感じではなく、
取材対象の芸の本質や人間性に迫るリポートに深い味があった。
取材対象の仕事の中身をしっかりと観察されたうえで、
的確に紹介、解説されていた印象が強い。
取材対象や芸能そのものに対する深い愛情と敬意がおあり
だったから、紹介するエピソードにも品があった。
非常に貴重な芸能ジャーナリストだったと感じております。
ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みくださり、どうもありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です