LED高速通信が投資オーナー詐欺?で消費者庁から注意喚起!怪しい手口と口コミ


こんにちは!編集部の桜田です!

「LED高速通信」という千代田区の会社に対し、消費者庁は事業の実態が無いなどとして、安易に勧誘に応じないよう注意を呼びかけています。

セミナーを受けた後に1口54万円の投資で通信機器を購入しオーナーになることで配当が得られるとしています。

LED高速通信とはいったいどんな会社なのでしょうか?


LED高速通信が投資オーナー詐欺?消費者庁から注意喚起!

NHKでは次の通りに報じています。

消費者庁が社名を公表したのは東京・千代田区で通信機器などを販売していると称する「LED高速通信」です。

 

この会社は、平成28年から全国でセミナーを開き、LEDの光を利用して「電線や電波がなくても通信ができる」新たな機器などを購入し、運用を委託すれば、毎月配当が得られるとして1口54万円の投資を募っていたということです。

 

消費者庁は、消費者の利益を不当に害するおそれがあるとして、消費者安全法に基づき社名を公表し、安易に勧誘に応じないよう注意を呼びかけています。

 

報道にある通り、消費者庁によりますと「LED高速通信」という千代田区にある会社は平成28年からセミナーを開き、LEDの光を利用した通信機器を購入し運用すると配当が得られるとうたい、1口54万円の投資オーナー案件を進めてきました。

 

しかし、そのもの自体に実態がなく利益を得られる保証がないため、勧誘に応じないよう注意喚起をおこなっています。

 

顧客の数は述べ約5300人に上り、約31億円を売り上げたと説明しています。

 

実際、セミナーに行った方の口コミでは高齢者の方が多く、言葉巧みにもっともらしく説明をしてくるため、投資をしてしまった方も多いようです。

 「LED高速通信」の怪しい手口と口コミ

 

「LED高速通信 詐欺」で検索しましたら、実際にセミナーをうけた方がかなり濃い情報の口コミを動画でアップしているページを見つけました。

この動画で怪しい部分をまとめていらっしゃいます。

 

  • 所在地がバーチャルオフィスだった(丸の内トラストタワー)
  • 生産拠点のはずの工場の住所が不透明。(出資した人にすら話してくれない)
  • LED投光器、受講器の実際の機会がいつも貸し出し中でデモすらない。
  • セミナーの中の動画で登場する、豊耕一郎はセミナーに来ない。
  • LEDに関して、特許を保有はもっていないのではないか(特許番号を聞いたらにごされた)

 

この口コミからもわかる通り、非常に怪しい点が多く今回消費者庁からの注意喚起を受けることになった理由だと思います。

 

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

LED高速通信株式会社という会社に324万円投資しました。一口54万円の投資案件です。もう2年ほど経ちますが、配当金が全然入ってきません。凄く不安です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です