エマ役は浜辺美波「約束のネバーランド」実写化!ららぽーとのCM


こんにちは!編集部の桜田です!

アニメ「約束のネバーランド」の実写化が決まり、2020年の冬に映画が公開されることになりました。

エマ役に抜擢されのが女優の浜辺美波さんです!

ファンからは「約ネバ」とも言われているこの「約束のネバーランド」。ストーリーの内容こそ、怖いですが2016年の8月から週刊少年ジャンプに掲載されており、発行部数も1600万部超の超人気サスペンス漫画です。

原作は白井カイウ氏(作画・出水ぽすか氏)で「第63回小学館漫画賞」(少年向け部門)なども受賞しています。

深夜の時間帯でテレビ放送もされていました。


エマ役の女優は浜辺美波「約束のネバーランド」実写化!

スポーツ報知では次の通りに報じています。

「孤児院で幸せに育てられていた子供たちは、食用児として鬼に献上されるために飼育されていた」という驚きの導入で始まるこの作品。

 

楽園と信じていた孤児院は、食用児を育てる農園。母親のように慕うママは、最上級の食用児を育てる飼育監だったのだ…。

 

全てが偽りと気付いた主人公の孤児・エマ(浜辺)ら3人の少年少女たちは孤児全員を引き連れ、無謀ともいえる脱獄計画をスタートさせる。

 

映画は設定を変え、孤児が“出荷”される年齢を12歳から16歳に引き上げる。

浜辺美波が抜擢されたエマは、天真爛漫(らんまん)で誰よりも真っすぐな性格の持ち主。

 

コミックスに加え、電子書籍も購入するほどのファンという浜辺は「美しい世界観を表現する難しさに頭を抱えたこともありましたが、作品に懸ける平川監督、スタッフの皆様と元気いっぱいの子供たち、何より私の中にある“原作愛”を原動力にすることで、迷いを乗り越え、演じることができて良かったと思えるようになりました」としみじみ。「熟読し、愛してやまない漫画です。原作を愛する方々の想像を超える『ネバーランド』に皆様を導けるよう全力を尽くします」と意気込んだ。

 

城桧吏(13)が現実主義でクールな少年レイ、板垣李光人(りひと、17)が理性的でリーダー格の少年ノーマンを演じる。

 

原作は白井カイウ氏(作画・出水ぽすか氏)の人気アニメが今回実写化され2020年冬に映画が公開されることとなりました。

楽園と信じていた孤児院が舞台のこの話は子供たちがたくさん出てきます。

そのカギとなるエマたち3人の年齢が原作のマンガとは年齢を上げる設定で映画のストーリーは始まるようです。

その部分についてファンからは「もはや別の話なのではないか」という声も。

 

その反面、原作の中での12歳のエマ達の役柄は本当に頭の回転が速くて優秀な子供たちなので実際の年齢より年が上がってしまうのは仕方のないことかもしれないと思っている方も?

主人公の一人エマはとても明るく、このお話の絶望的な状況を前向きに進んでくれる女の子です。

 

映画の中で「エマ」役に抜擢されたのが女優の浜辺美波さんです。

どんなエマを演じてくれるのか楽しみですね。

本名:浜辺 美波(はまべ みなみ)
生年月日:2000年8月29日(19歳)
出身地:石川県
身長:156 cm
血液型:B型
職業:女優
活動期間:2011年 ~
所属事務所:東宝芸能

浜辺美波さんはららぽーとのCMのに出演

浜辺美波さんのとても印象的なCMが三井のららぽーとのCMです。

母役の木村佳乃さんと2017~2018年にかけてシリーズで何本か放送されていました。

お買い物の休憩中に「美波じゃん!」と気になる先輩から声をかけられるシーンが印象的です。

とっても可愛い方ですね。

うっかりお母さん役の木村佳乃さんをつつむ、見た目は可愛いけどしっかりした娘さんの役でした。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

浜辺美波ちゃん来年も飛躍の年に成りそうですね、忙しいと思うので健康には気をつけて下さい、可愛いからついつい応援したくなります。

出荷年齢が12歳ではさすがにマズイので
16歳に設定変更したのは良い判断だと思う

また漫画原作の映画化。
実写はやめてほしいですね。

それにストーリーがだいたいわかっているものを、あらためて映画で観るって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です