【死因は病気?】立元明光死去さくらデパート鹿屋創業者!画像や現在は?


こんにちは!編集部のさくらです!

鹿児島県鹿屋市に昔あった「桜デパート」の創業者の立元明光さんが16日亡くなりました。享年101歳でした。

MBCニュースでは次の通りに報じられました。

立元明光さんは、曽於市末吉町出身で、1945年に鹿屋市に「桜デパート」を創業しました。大隅半島で唯一のデパートとしてにぎわいましたが、1994年に休業しました。

立元さんは、肝属川クリーン作戦の発起人で、現役を退いたあとも鹿屋の異業種交流会・二火会などの名誉会長を務めたほか、消防に救急車購入の寄付金を贈るなど、地域活動にも取り組みました。鹿屋二火会によりますと、立元さんは、今月16日に亡くなりました。101歳でした。

立元明光さんが創立した桜デパートは、鹿児島県鹿屋市に本店があった百貨店で、鹿児島県の大隅半島では唯一の百貨店です。


立元明光さん死去、死因は?

 

1945年に鹿児島県鹿屋市に「桜デパート」を創業した、立元明光さんが16日101歳で死去しました。

死因は公表されていませんが、101歳と高齢ですので、老衰ということも考えられます。

お通夜は18日午後6時からで告別式は19日午前10時半からとのことで、鹿屋市旭原町の上村葬祭青山斎場で執り行われつそうです。

桜デパートの歴史画像はかのやファンクラブから

桜デパートは1945年(昭和20年)12月に桜商会として創業。1954年に桜デパートと改称し、1960年に後の鹿屋本店を建設しました。大隅半島では唯一の百貨店として大変賑わい、1970年代から1980年代にかけて店舗網を拡大し、大規模店である寿店や西原店(現在マックスバリュ西原店として営業)などの小規模店が建設され、様々なイベントも開催されました。

 

かのやファンクラブというのがあります。

鹿屋付近の昭和の歴史を知ることができます。

かのやファン倶楽部→ https://www.kanoya.in/history/sakura_dpt/

立元明光さんの画像は2017年、「広報かのや」の更なる充実のために鹿屋市長の中西茂さんに一眼レフカメラ一式を寄附した際の画像です。

現在の桜デパート鹿屋は?

桜デパート本店のあった土地は現在は駐車場として利用されています。

1991年に市役所の移転や、1992年の国道220号鹿屋バイパスの全線開通を境に、衰退の一途をたどっていきました。

現在の鹿屋市市民の買い物は鹿屋バイパス沿いのロードサイドにある店舗が中心となっています。(ウィキペディアより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です