【死因は病気?持病】井筒親方(さかほこ)が死去大ケガの過去と兄弟について


こんにちは!編集部のさくらです!

大相撲の力士、逆鉾(さかほこ)の名前で有名だった井筒親方が58歳で死去したと報道されています。

力士を引退した後井筒部屋の親方として、第71代横綱モンゴル出身の鶴竜を最高位まで育てあげた親方です。


死因は病気や持病が関係?井筒親方(さかほこ)が死去

2019年9月17日ニュース記事では次の通りに報じています。

秋場所前から体調を崩していた井筒親方は、本場所を休場して都内の病院に入院していた。だが、16日に容体が悪化し、夜に帰らぬ人となった。同じ時津風一門の親方衆を中心に訃報が伝わり、早すぎる死を悼んだ。

関係者によると、死因は膵臓(すいぞう)がんとみられる。弟の元関脇寺尾(現在の錣山親方)、兄の元十両鶴嶺山とともに「井筒3兄弟」と呼ばれ、もろ差しの名人として知られた。引退後は、師匠として横綱鶴竜らを育てた。通夜、告別式などの日程は未定。

報道の通り、井筒親方(さかほこ)の死因はすい臓がんで、享年58歳という若さです。

9月には糖尿病という持病に加え、すい臓がんも患い体調を崩していたようです。

16日に様態が悪化し、東京都内の病院で夜に死去したことがわっかっています。

持病には糖尿病があったそうですが、死因の原因は糖尿病ではないようです。

81年名古屋場所で新十両、82年九州場所で新入幕を果たした。もろ差しの名人として知られ、殊勲賞5回、技能賞4回を獲得するなど、技巧派力士としてならした。金星は隆の里、千代の富士、双羽黒から7個獲得。87年九州場所から89年春場所まで9場所連続関脇を務めるなど活躍した。92年(平4)の引退後は、井筒部屋の部屋付き親方となり、94年4月の師匠の定年にともなって部屋を継承した。

井筒親方の本名は福薗好昭(ふくぞのよしあき)で鹿児島県出身です。

井筒親方の父は元関脇鶴ケ嶺の次男として生まれ、1978年に土俵入り、もろ差しの名人としても知られていました。

井筒親方の2016年の怪我

井筒親方は、2016年に嘉風の下敷きとなってしまい大怪我を負ったという過去があります。

3月場所の8日目に審判長としての職務中に起こりました。

井筒親方の左足に嘉風の体がぶつかってしまい左足を負傷。

井筒親方は病院に運ばれ、左大腿骨頚部の骨折だと判明し、全治3ヶ月もかかる大怪我だったのです。

井筒親方の兄弟

井筒親方の兄弟の兄は元鶴嶺山で、弟は元関脇の寺尾で現在の錣山親方です。

相撲界では井筒3兄弟として人気がありました。

兄の本名は福薗 好政(ふくぞの よしまさ)で、1983年の力士としての最高位は西十両2枚目でした。

現役時代の得意手は突っ張り、諸差し、寄りで引退時のしこ名は鶴ノ富士です。

弟の本名は福薗 好文(ふくぞの よしふみ)寺尾、力士としての最高位は東関脇でした。

現役時代の得意手は突っ張り、押し、いなし、叩き、下手投げです。

引退後は分家独立し、錣山部屋の師匠として指導にあたっています。

世間の反応

悲しいなぁ。逆鉾の巻き返の技術はそれだけ見る価値があった。相手のマワシを切る技術も含めてだけど巻きかえて双差しになるパターンは父親の鶴ヶ峰から受け継がれた見事な技と言えるレベルだった。
力士が大型化する時代で大勝ちはしなかったけどそれでも関脇や三役幕内上位を長く勤められたのは相撲の取り口がしっかりしていたからだろうなぁ。

部屋持ちの親方が無くなったり、相撲界を去ったら、部屋を継承する親方がいないと、他の部屋へ移籍する必要があります。
移籍する部屋が見つからない場合は、下手すると所属する力士全員が引退に追い込まれます!
貴乃花部屋の力士達も、千賀の浦部屋に引き取られて、現役を続ける事が出来ました。
鶴竜達もどこか移籍出来ればいいですね!

ええー、これはショックだなぁ…
まだ若過ぎるよ…
鶴竜らはどうすんだろうね
錣山に移籍って言ったって、一門違うからなぁ
あと、井筒の親方株の行方も気になる
でも、今は逆鉾のご冥福を祈りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です