【死因は病気?】ロバートムガベ死去アフリカジンバブエ前大統領 日本で天皇と懇談の過去も

こんにちは、編集部のさくらです。

6日、ロバートムガベ前大統領95歳が、入院先のシンガポールで死去しました。

37年間に渡ってアフリカのジンバブエを率いてきたムガベ大統領について取り上げます。


ロバートムガベ前大統領死去、死因は?

毎日新聞では、次の通りに報じています。

2000年代には、白人農家の土地を強制接収。欧米諸国から経済制裁を科され、08年に一時、2億3千万%を超えるハイパーインフレーションを招いた。

ムガベ氏は17年11月、後継者争いで対立した国軍によって政権の座を追われた。今年4月ごろからは、体調を崩してシンガポールの病院で入院していた。

6日にロバートムガベ前大統領が死去したことが報じられました。

アフリカのジンバブエの前大統領です。

享年95歳でした。

死因について調べてみましたが、入院先のシンガポールの病院で亡くなっている所まではわかっていますが、詳しい死因については報道がされていないことがわかりました。

ムガベ氏は、白人支配が続いたジンバブエの独立闘争を指揮。1980年に独立に導いた後、首相や大統領に就いた。若者の識字率向上などの成果もあったが、敵対する野党支持者らを弾圧し、「独裁者」と批判されるようになった。

ムガベ氏は、白人支配に対する武装闘争で頭角をあらわしたことで有名な大統領ですが、初期の政治は黒人と白人の融和政策に努めていました。

1980年のジンバブエ独立時に首相に就任し、87年には大統領になります。

その頃から、白人所有の農園を次々に接収するなどの体制を築きましたが、農業改革の失敗から経済の破綻を招いたことでも知られています。

国防軍によるクーデターがあり、2017年11月21日に大統領を辞任していました。

白人所有の農園を接収するなどの強権手法で独裁体制を築きましたが、農業改革の失敗などから経済の破綻を招きました。

日本へ来日時、天皇と写真

ムガベ大統領は過去に日本へ来日したことがありました。

しかも、4度もありました。

皇居を訪れ、天皇、皇后両陛下と懇談した写真が残っています。

写真は一番最近の2016年3月28日ムガベ大統領と妻のグレース夫人と一緒に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です