【死因:心不全】長谷川慶太郎死去国際エコノミスト公式ブログ

こんにちは、さくらです。

国際エコノミスト長谷川慶太郎さんが死去しました。享年91歳でした。


国際エコノミストの長谷川慶太郎さんが死去、死因は?

 

産経新聞では次の通りに報じています。

 

昭和2年、京都府生まれ。28年に大阪大学工学部を卒業し、新聞記者などを経て、経済評論家として独立。その後、国際的視点に立ったユニークな分析で国際エコノミストとして活躍した。

最先端の技術情報や、軍事知識に裏打ちされた独特の分析に定評があり、政治、経済、国際問題を大胆に予測する手法で、多くの会社経営者や投資家に影響を与えた。一貫して日本経済の実力を高く評価し、世界経済の中でも、日本が重要な役割を果たすと主張してきた。

58年に「世界が日本を見倣う日」で石橋湛山賞を受賞。「デフレに勝つ経営学」「アジアが日本に屈する日」など、著書多数。

 

長谷川慶太郎さんの死因は心不全です。

 

91歳でした。

 

葬儀・告別式は親族で行う。喪主は長男、徹(とおる)さん。

長谷川慶太郎さんの公式ブログ

投資の王道という公式ホームページをお持ちでした。

サイトの紹介文にはこんな風に書かれています。

長谷川慶太郎の著作の紹介をはじめ、
より詳しい政治・経済情報をお届けしています。

書籍からの情報だけでは物足りないみなさまへ、
長谷川慶太郎が発信する
より貴重で、より重大な情報を
コンテンツとしてお届けします。

長谷川慶太郎は、現在、
著作以外でも様々な情報発信を行っています。
ここで紹介する商品は
一般の書店などでは手に入らないものです。

書籍では書けない内容や、
直近の最新情勢分析など
オーディオCDの商品の紹介や、
「投資レポート」や、会員制「投資・経営の未来塾」のご案内をしております。

 

投資関係の情報や、詳しい政治、経済情報をお届けしているブログのようです。

 

長谷川慶太朗「投資の王道」→ http://www.hasegawa-report.com/

ネットの反応

長谷川氏の強みは、何と言っても自衛隊の教官まで務めたその軍事情報でした。
日本の知識人は、なぜか軍事知識からの国際分析が不得意ですが、その原因が「軍事に関わることはそれだけでタカ派」との国内評価を気にしての事だと思いますが、長谷川氏は「世界は軍事と経済、技術が一体となって動いている」という、ある意味当たり前のことを如実に著作で示してくれました。
その分析は的確であり、いち早くトランプ大統領の当選を予測したのはあまりにも有名です。
当時のソ連の崩壊と分裂、西側陣営の完全勝利とその後のデフレ経済への対応など、明快に分析してくれて、著作を読むたびに蒙を啓く思いでした。
年末恒例の「対局を読む」は本当に楽しみな本でした。
謹んで、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です