【死因:虚血性心不全】池内紀死去ドイツ文学者カフカと息子の池内恵や毎日新聞コラムについて

こんにちはさくらです!

ドイツ文学者の池内紀(いけうちおさむ)さんが8月30日に死去しました。

享年78歳でした。兵庫県の姫路市出身です。


池内紀さん死去、死因は?

 

8月30日にドイツ文学者でもありエッセイストの池内紀さんが死去しました。

 

報道では池内紀さんの死因は虚血性心不全とされています。

 

池内さんのご出身は兵庫県姫路市です。

 

葬儀は近親者で営まれ、喪主は妻の水緒(みお)さんが努めました。

 

池内さんの弟は宇宙物理学者の了(さとる)さんで息子は東大教授(イスラム政治思想)の恵(さとし)さんです。

 

共同通信では次の通りに報じています。

 

池内紀さんは兵庫県姫路市生まれ。東京外国語大学卒業後、東京大学修士課程修了。主な訳書に、2000~02年の「カフカ小説全集」(全6巻)、00年にゲーテ「ファウスト」で毎日出版文化賞。このほか、02年に評伝「ゲーテさんこんばんは」で桑原武夫学芸賞、13年「恩地孝四郎 一つの伝記」で読売文学賞。山歩きや温泉をテーマにしたエッセーも人気だった。弟は宇宙物理学者の了(さとる)さん、息子は東大教授(イスラム政治思想)の恵(さとし)さん。

97~01年に朝日新聞書評委員を務めた。

カフカのおかしさの動画

平成26年度 軽井沢土曜懇話会でお話された「カフカのおかしさ」というお題で1時間にわたり、楽しくお話されている様子が収録されています。

 

カフカの版権をとるのに時間がかかり苦労した話や、ははじめ友人が介在して出されたものがカフカ本人がなくなってから80年後に元の原稿が出て来てきた秘話など話されています。

 

カフカ翻訳にかける情熱がこの動画からとても伝わってくるとともに、池内紀さんは本当に人にお優しい人なのだなという事がわかりました。

フランツ・カフカ(1883年7月3日 – 1924年6月3日)は、出生地に即せば現在のチェコ出身のドイツ語作家。プラハのユダヤ人の家庭に生まれ、法律を学んだのち保険局に勤めながら作品を執筆、どこかユーモラスで浮ついたような孤独感と不安の横溢する、夢の世界を想起させるような独特の小説作品を残した。その著作は数編の長編小説と多数の短編、日記および恋人などに宛てた膨大な量の手紙から成り、純粋な創作はその少なからぬ点数が未完であることで知られている。

Wikipediaより

池内紀さんの息子は池内恵さん

池内紀さんの息子さんの池内恵さんは日本のイスラム研究者の一人です。

 

東京大学先端科学技術研究センターの教授も務めており、専門は、イスラム政治思想です。

 

恵さんの出身は東京都です。

池内紀さんと毎日新聞

池内紀さんは毎日新聞書評欄、「今週の本棚」の執筆者を長年務めていました。

 

毎週たくさんの著名な本が紹介されていました。

 

ファンの方も多くいらしたと思います。

 

毎日新聞「今週の本棚」→ https://mainichi.jp/week/

 

この他、NHKFM放送の「日曜喫茶室」の準レギュラーも務めていました。

ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です