【死因:心臓疾患】松本暁司監督が死去 浦和市立南高モデル「赤き血のイレブン」動画


こんにちは、元サッカー日本代表選手松本暁司監督が死去しました。

享年85歳でした。

浦和市出身の松本監督は埼玉県教育委員会時代にゴールキーパーを務めており、国際Aマッチに1試合出場した経験があります。

現役を引退してからは、浦和市立南高等学校サッカー部の監督に就任、1969年には高校サッカー史上初の3冠「高校選手権、高校総体、国体」を達成する成績をおさめていました。

松本氏が現役引退後に率いていた浦和南高は、漫画『赤き血のイレブン』のモデルとなったことも有名です。


松本暁司監督が死去、死因は?

松本暁司監督が、9月2日午前0時38分に死去しました。

死因は心臓疾患でさいたま市の病院でのことと報じられています。

葬儀、告別式は8日午前10時半から行う予定です。

住所

さいたま市浦和区駒場2の3の4

蓮昌寺会館とのことです。

喪主は長女宍戸初穂(ししど・はつほ)さんになります。

大勢の方から愛されていた松本暁司監督へお別れのメッセージがたくさん届いています。

共同通信では次の通りに報じています。

漫画「赤き血のイレブン」のモデルになった高校サッカーの強豪、埼玉・浦和南高元監督の松本暁司(まつもと・ぎょうじ)氏が2日午前0時38分、心臓疾患のためさいたま市の病院で死去した。85歳。さいたま市出身。葬儀・告別式は8日午前10時半から、さいたま市浦和区駒場2の3の4、蓮昌寺会館で。喪主は長女宍戸初穂(ししど・はつほ)さん。

 現役時代はGKで日本代表歴もある。指導者として浦和南高を強豪に育て上げ、1969年度には全国高校選手権、全国高校総体、国民体育大会を制し、史上初めて高校3冠を成し遂げた。教え子に日本サッカー協会の田嶋幸三会長らがいる。

「赤き血のイレブン」の動画

漫画「赤き血のイレブン」のモデルになった高校サッカーの強豪高、埼玉浦和南高ですが、実際の「赤き血のイレブン」とはどんなマンガなのでしょうか?

とても古いマンガですが載せてみました。

梶原一騎原作による、サッカーを題材としたストーリです。


松本暁司監督の訃報をうけてネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です