【死因は病気?】ラドミルエリシュカさん死去(チェコ)札幌交響楽団名誉指揮者


こんにちは!編集部の桜田です!

ラドミルエリシュカさんが1日に死去しました。享年88歳でした。

朝日新聞では次の通りに報じています。

31年チェコ生まれ。ヤナーチェクの高弟バカラに師事し、共産政権下で活動を制限されながらも国内外で活動、プラハ音大などで指揮法を教えた。04年に初来日し、「遅れてきた巨匠」とブームに。N響、読響、東京フィル、名古屋フィル、大阪フィル、京響、九響など日本各地の楽団と共演し、スメタナやドボルザークなどチェコ音楽の神髄を伝えた。08年から15年まで札響首席客演指揮者。17年秋、札幌と大阪で最後の来日公演を行った。


ラドミルエリシュカさん死去 死因は?

9月1日に札幌交響楽団、名誉指揮者チェコ在住のラドミルエリシュカさんが死去しました。

死因について病気だったのかなどの詳細は一般のニュースでは公表はされていません。

ラドミルエリシュカさんは1931年にチェコのポドボジャニというボヘミア州の町に生まれました。

8歳からヴァイオリンを習い始め、ブルノ音楽大学ではヤナーチェクの高弟ブルジェティスラフバカラに師事していました。

大学卒業後はチェコの交響楽団に入団し軍楽隊などの指揮に務めながら経験を積まれていったそうです。

日本での講演、2年前の札幌交響楽団第604回定期演奏会の告知の際に、ラドミルエリシュカさんは日本への長旅が辛く感じてきていたようで、この講演会を最後にするということが伝えられていました。

ラドミルエリシュカさんの死因は病気ではない可能性もあるかもしれません。

札幌交響楽団 Sapporo Symphony Orchestra
2017年6月23日 ·
【お知らせ】ラドミル・エリシュカ最後の来日公演へ

このたび、札響名誉指揮者のラドミル・エリシュカは、これ以上は日本への長旅に耐えられないとの医師の判断により、10月に予定している第604回定期演奏会を最後の来日公演とすることといたしました。大変残念ではございますが、みなさまにご報告申し上げます。
なお、マエストロは、札響との出会いとなった思い出の曲「シェエラザード」を最後に再び札響と共に演奏することを強く希望されました。つきましては、当初発表の曲目を変更し、同曲をもって全国的にも注目を集めたエリシュカ&札響のひとつの時代を締めくくることにいたします。なにとぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

引用:札幌交響楽団facebookより

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です