クレヨンしんちゃん春日部駅のポスターが話題!場所はどこでいつまで公開?都市伝説では怖い話も(動画)


こんにちは!編集部の桜田です!

埼玉県の春日部駅に貼り出された、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の夏休みにちなんだoisixのポスターがネット上で注目を集めています。

主人公の野原しんのすけが「かあちゃんの夏休みはいつなんだろう」とつぶやいている内容で、「泣きそうになった」といった声も上がっています。

WITH NEWSでは次の通りに報じています。

春日部駅に計10枚

8月26日から春日部駅に貼り出されている計10枚のポスター。

しんのすけが描かれていて、キャッチコピーは以下の3種類です。

「かあちゃん、楽しい夏休みをありがとう」

「かあちゃんの夏休みはいつなんだろう」

「かあちゃんがもっと楽しく過ごせたら夏休みはもっと楽しい」

掲出初日の26日、このポスターを撮影した画像がツイッターに投稿されると、「お母さんじゃないのに泣きそう」「電車内で見ちゃって必死に堪えてます」といったコメントが寄せられ、いいねが10万近く押されているツイートもあります。


クレヨンしんちゃん春日部駅のポスターが話題!場所はどこでいつまで公開?

春日部駅のクレヨンしんちゃんのポスターが張り出されている場所は春日部駅の春日部駅の南跨線橋です。

張り出されている場所はホームではありません。

10枚ずらりと並んでおり、しんちゃんのイラストにプラスほっとする一言がそえられているそうです。

くれよんしんちゃんの都市伝説では怖い話も

クレヨンしんちゃんには過去に怖いストーリーが公開されて、都市伝説とされています。

その中の何話かをピックアップしてお伝えします。

完全なアニメになっている動画は見つけられませんでしたが個人の方がテロップを入れたお話の詳細がのった動画はみつかりました。

この3本は実際に見たことがあるのですが本当に怖い都市伝説シリースです。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

母親は、やって当たり前と思われがちな仕事ばかり。有給休暇も、リフレッシュ休暇もないし。子供たちの用事や都合に合わせて動くから、自分の事は後回しになってしまう。
疲れて気持ちも滅入るときもあるけど、子供たちは「ママは特別」と思ってくれてるから、それが原動力にもなっていて、気持ちも報われてます。母も夏休みは欲しいけど…子供たちがいないのはやっぱり寂しい。うるさくて毎日忙しいけど、元気でいてくれるから、それが一番幸せです。

お父さんは休みの日だけ、どこかに連れて行ったり、ちょっとおもちゃ買ってあげるだけで子供は喜んでありがとう!って言ってもらえるけど、、そうじゃない毎日の生活を支えてるのはお母さんなんだよね。毎日誰よりも子供の健康と幸せを願って、栄養を考えご飯を作り、掃除をし、清潔な衣類を用意、必要なものがあれば買いに行き、子供にふてくされながら、宿題や、学校の用意をさせ、誰にも気づいてもらえないけど、日々頑張ってるんだよねー。ありがとうの一言だけで救われるね。

小学生と中学生の子を育て専業主婦をしています。毎日3食の段取り、部活や習い事、夏休みの宿題、活発に遊ぶ次男のお友達関係や安全の心配、そしていつもの家事や主人の事などルーティンワーク。なかなかのやり手マネージャーだな、と自分で自分を褒めています。
お仕事をされている主婦の方は時間的にも肉体的にももっとハードだと思います。
ふと思うのが私達の母世代はワンオペという言葉やお母さんにも休日をなんて概念もなく、やって当たり前の時代だったなと思い、大変だっただろうなと思いました。

かつて子供の夏休みで疲弊しきっていたママです。

子供が中学生になってからと言うもの、急に平日も休日もヒマになりました。
ちょっと前まで、夏休みは毎日三食用意して、連れて行く場所を考えて…
早く夏休みが終わればいいのに、と毎年思ってました。

子供が、親と外出しなくても友達と一緒にどこにでも行ける年頃になって思う。

あの頃の私、頑張った。本当にお疲れさま。

そして、夏の間ずっとずっとママを慕って側にいてくれた、そんな夏休みを心から楽しんでくれた子供にも感謝。
大変だったけど、母親にとってはかけがえのない大切な、宝物のような時間でした。

ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です