富士山落石事故2019年8月26日【吉田ルート通行止め】原因は?


こんにちは!編集部の桜田です!

年間15万人の登山客が訪れる富士山吉田ルートで2019年8月26日午前7時ごろ、落石事故が発生しました。

NHKニュースでは次のように報じています。

8月28日追記 落石事故について新しい情報が載っています
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190827-00000019-ann-soci

 

 

26日朝、富士山の山頂付近を登っていた20代とみられる女性の頭に落石が当たって死亡し、警察は女性の身元の確認を急ぐとともに詳しい状況を調べています。

警察と消防によりますと、26日午前7時ごろ、富士山の山頂付近で「落石事故があった」と5合目にいた人から消防に通報がありました。
警察や消防などが現場に向かったところ、山頂付近で20代とみられる女性が倒れていて、死亡が確認されました。
警察によりますと、女性は山梨県の富士吉田市側の登山口から数人のグループで山頂を目指して登っていたということです。
このグループのメンバーが、女性の頭に落石が当たったのを見たということで、警察は女性の身元の確認を急ぐとともに事故の状況を調べています。
この事故で、山梨県は登山道の9合目の手前の部分から山頂までの区間を点検作業のため通行止めにしています。


2019富士山で落石事故!吉田ルート通行止め

2019年8月26日午前7時頃富士山の登頂付近の吉田ルートで、落石事故が発生しました。

20代の女性が被害にあい頭に落石があたり、亡くなっています。

この女性を含むグループは富士吉田市側の登山口から登り山頂をめざしていました。

この事故により通行止めになっている場所は、登山道の富士吉田ルート標高3450メートルに当たる8合5勺(しゃく)地点から山頂までです。

今回の落石に関係しているかの情報は分かりませんが、富士山の吉田ルートでは

2019年の6月24日のニュースでは富士山の山頂付近の石墨積みが崩れて山道を塞いでしまっていて、人気の吉田ルートの山開きが7月1日にできないと発表されていました。

仮復旧の工事を急いではいたものの、開通の見通しは立っていいないとしていました。

6月1日に仮復旧の見通しを発表はしたものの、本格復旧は9月10日の閉山以降に着手する予定でした。

6月24日富士山吉田ルートの石積み崩落の記事

富士山落石事故2019の原因は?

今回の落石事故の詳細がまだ入っていないのでなんとも言えないのですが、

2019年の6月24日の石積みが崩れていたことに関連しているとすると、昨年の台風が原因とされています。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

富士山は登山道から少しでも外れたところには、浮いている石が沢山あります。

道から外れて休憩している登山者は、自分が落石を起こすことがないように十分注意したいものです。

今回の事故が人的要因に起因するとは言いませんが、落石に関する登山者の啓もうは必要であると感じます。

富士山と言えども自然相手にこういったリスクが常にある登山だという事を忘れないようにしなくてはならないと再認識しました。
ご冥福をお祈りいたします。

そこに集まる人が多すぎるんだろうな。
人の密度が上がれば、不運の発生確率も遭遇確率も上がってしまう。
入山人数のコントロールが必要なのでは。

皆、富士登山は、テレビでもよく出るので、
危険じゃないと思いがちだが、落石も普通にあるので、
登山中に周囲を見ないで、スマホを触っていたりすると、
逃げれる事故を、そのまま直撃を受けることになるので、
よく注意した方が良い。

この方がヘルメットをしていたかは分からないが、していたとしても防げなかった事故かもしれない。
かなりメジャーなルートだし、登っていると自分のはるか上を登る人も見えていて少し足元が崩れたりしていつ落石してきてもおかしくない状況だった。
植物も少ないから障害物に当たって止まる可能性も低いし、隠れる場所がある地点も限られている。
ましてや岩なんてまっすぐ転がってくるものでもないし避けようはなかったと思う。
本当に不運が重なったのだと思う。心よりご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です