フィンスタグラムとは?インスタフォローによる鬱予防も?


こんにちは!編集部の桜田です!

フィンスタグラムという言葉をご存知でしょうか?

10代の女子を中心にひそかな人気があり、フェイクインスタグラムを略したものをフィンスタグラムと呼びます。

フェイクニュースと同じ意味があり「嘘のインスタグラム」アカウントのことです。

今回はそんなフィンスタグラムについてお伝えします。

ヤフーニュースでは次の通りに報じています。

インスタ映え、という言葉が日本で流行語大賞を取ったのが2017年。

それ以降も、フェイスブックやツイッターなどソーシャルメディアが全体的にユーザー数で伸び悩んでいるといわれる中、ユーザー数を伸ばしていると言われている。

インスタグラムは、なんといっても画像、見た目が勝負。見た目にどんなにかわいくて美しい写真が撮れたか、珍しい映像が取れたか、がカギだ。

一方、フィンスタにいったい何をアップするかというと、髪型がきまらなかったダサい日の自撮り、本物のすっぴんの顔、失敗して形の崩れた手作りクッキー、散らかり放題の部屋、変顔、吹き出物・・・。

通常のインスタグラム投稿のようにフィルターをかけたり、黒目を大きくして可愛く見せたり、都合の悪い部分を切り取ったりはしない。

ありのままの写真を投稿して、ごく親しい仲間だけに閲覧してもらうためのものだ。仲間内だけでウケる冗談をアップするのもあり。

他人のインスタを閲覧しては、「あの人はこんなに幸せそうなのに自分は毎日平凡な暮らしだ」「こんなに贅沢な生活をしている家族がいる一方でうちは日々の生活で手一杯」「みんなが旅行に出かけているのに私だけ仕事」など、自分との違いを自らわざわざ再認識しては気分が滅入るというものだ。

、誰か(のインスタグラム)を認め、人気を支えているとされるフォロワー自身が、真逆の心理に陥り心が病んでしまうという状況だ。

出典:ヤフーニュース


フィンスタグラムとは?

フィンスタとは、ありのまま自分やも駄目なところも、言い方悪いですが散らかった様なきたない状態も飾ず、自分のうちわの小人数にだけにとめて公開すること。

心置きなく写真を投稿することが10代の間で流行っているそうです。

その逆で今でも流行っている、インスタグラムはその時の一瞬の最高の自分や場面を時には頑張って見せることよりフォロワーを集める事を目的としたりします。

フィンスタグラムを持つことにより、他人と競争したり羨んだり、みじめな自分になったりしないと「本当の自分を取り戻すチャンス」という専門家も。

確かにインスタ映えという言葉が流行ってからというもの、我先に凄い写真を収めてアップすることに皆が集中してしまい、フォローした人に良いねをしているにも関わらず、心の中では自己嫌悪に陥ったり、ねたんだりしてしまったことは少なからず誰でもある経験なのではないでしょうか?

写真の見栄えやスピードを重視するあまり、そのこと自体についてはどうでも良くなってしまう傾向があり、あとから思い返してもせっかくいい経験をしているのに、心から体感していないので薄っぺらい記憶となって忘れてしまっていることも。

フィンスタグラムは人と比べず自然体!うつ予防も?

インスタグラムにはまってしまった人の中には、たくさんの人をフォローするあまり他人のしていること(自分より美しすぎる写真や自分にはできない経験をしている写真)に実際にはイイネをしていても、心の中では自分を蔑んでしまったり、それがうつにつながる経験になっているともあります。

インスタグラムで見ず知らずの人をフォローし、その「知らない人」の数が多ければ多いほど、うつ病の兆候を発症しやすいとの研究発表もあった。

そういう意味でもありのままの自分をさらけ出せるフィンスタは肩の力を抜いて投稿できるツールであり、うつの予防にも関係しているようです。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

実際にフェンスタをしてる世代より大人な方たちの冷静なコメントがたくさんヤフーニュースに届いていました。

自分ではない他の誰かが創り上げたもの、他の誰かが良いと評価したモノや風景、そんなものをこぞって追いかけたら、そら疲れるだろ。
それは自分では無いただの『偽り』自分の美的感覚に対する『嘘』にもなり得る。
無理に他人が好む事(いいねくれそうな事)をしなくても、自分が素直に素敵だと思う事をする方が、その人の魅力がより出ると思う。

色々なブランドを扱うセレクトショップで働いているが、昨今のインスタ乞食の多い事。。
買わない品物を試着してはカシャカシャ。。
注意しても逆ギレ、試着室や店内でも試着画像なんて誰がいいねするのかと。。
#オシャレさんと繋がりたいって全然おしゃれでもなんでもないです。。とおばさんは声を大にして言いたい。
私が若い頃(というと老害と言われそうですが)はお金がなければ古着屋のワゴンを巡り、自分でリメイクして街角スナップ(死後)で声をかけてもらえるように頑張ったものです。
でも、今の時代は本当の自分を世界中に発信したら犯罪に巻き込まれる可能性があるので、若い方達はお気をつけくださいね。

おもしろいね、その歪み。ありのままの姿はフェイクで、加工した写真がリアル。この子達に限らずいつまで偽りの社会を続けるのかね。本来の自分を発信すれば当然いいねの機会も減るだろうけど、日常生活ってそんなもんだよね。ドラマじゃあるまいし。

公開しなければ良いんじゃないのかな?
それじゃダメなのかな?
信頼の置ける仲間内とはいえ、それでも承認欲求を満たしたいというのはある意味たくましいと感じる。
どんな形であれ「誰かに認められたい」という気持ちはよく分かる。
twitterでも注目されれば「いいね」の数やリツイ等拡散される様子が手に取るように観られるから「羨ましい、自分もそうなりたい!」と思うんだろうなぁ。一躍ヒーローやシンデレラだもんなぁ。ユーチューバーもそうだよね?
自分を変えられる何かきっかけが欲しいんだろう。
でも、飾らない自分を晒すなんてかなり勇気が要ると思うし、それをスクショして見知らぬ者達に拡散させる悪意を持つ人間だっているのがネット・SNSの世界だしなぁ。
自分みたいな小心者はまず無理だな。
石橋を叩いて渡らない性格だし…。

むしろ、そっちの方がリアル。
インスタやってる人って嘘つきしかいないからね。
載ってる写真は嘘ばっかり。
盛ることしか考えない低能ばかり。
本当の情報はInstagramからは得られません。
使うSNSをもう少し考え直したまえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です