生活クラブのペットフードでサルモネラ菌!ペット14匹被害「犬猫用ササミ姿干し」の製造業者や原因と対策は?


こんにちは!編集部の桜田です!

定期的に自宅付近まで食品や食材を届けてくれたり地域密着方の店舗デポーで展開している生活クラブ。

その生活クラブ連合会が販売したペットフードがサルモネラ菌などで汚染され、ペット14匹が死亡した疑いがあることが分かりました。

ライブドアニュースでは次の通りに報じています。

「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」を食べたペットの嘔吐や下痢などの健康に関する報告が複数あり、製品サンプルを検査した結果、「サルモネラ属菌」・「大腸菌群」が検出されました。

組合員の皆様には、ご迷惑をおかけし大変申し訳ありません。

開封・未開封を問わず、ご家庭内にある賞味期限内のすべての製品について廃棄をお願いします。
*開封済みの製品を扱ったときは石鹸で手指をよく洗浄してください。

生活クラブでは、昨年4月以降に購入された方へ電話やハガキでの直接連絡を行ない、廃棄のお願いと返金手続き等のご案内をしています。

検出されたサルモネラ属菌の病原性や医学的因果関係は現在調査中のため、調査結果と再発防止を取りまとめた段階で、消費材といっしょにお届けする「生活クラブニュース」ならびにデポー(店舗)店頭、本サイトにて改めてご報告致します。

廃棄の徹底にご協力をお願いいたします。

ライブドアニュースの長文はこちら→https://news.livedoor.com/article/detail/16966530/


生活クラブのペットフードでサルモネラ菌!ペット14匹亡くなる被害

「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」は生活クラブで販売されているペットのおやつの中の人気商品で以前に販売されたものが17年秋に再発売された時は、毎月8000~9000個売れるほど反響のある商品でした。

最初にクレームが届いたのが、19年1月17日に組合員の中から、「変な臭いがする」というものでした。その際製造工場に検査を依頼したところ問題ないとされていました。

その2~3週後にも同じクレームが3件あったので、大きなささみに肉の芯まで十分な加熱が届かなかったのではという考えも出たようです。

現時点(2019年8月23日)で届いているものだけで、14匹が亡くなっており、計68匹のペットに嘔吐や下痢の被害がでています。

ペットフードを食べて10匹以上も亡くなった例は初めてのことです。

生活クラブ「犬猫用ササミ姿干し」の製造業者は?


製造業者は北海道内の業者「ノースペット」が製造したものです。

北海道という立地を生かした畜肉、魚介類、農産物を豊富に用いたペット用スナックの製造を創業以来行ってきている会社のようです。

ホームページでは扱っている商品と詳細(ペットに与える量・原材料・成分・原産国・内容量・カロリー・保存方法)や製造方法まで1ずつの商品ごとに詳しく見ることができます。

ノースペットの公式サイトはこちら→http://www.npet.co.jp/

サルモネラ菌の原因と対策は?

今回この「犬猫用ササミ姿干し」製品の中にサルモネラ菌が入ってしまった原因はいまだ解明されていませんが、検査の結果、商品からはサルモネラ菌などが検出され、汚染された食品の製造日が18年11月12、19日であることまでは分かっています。

消費者の対策としては2019年4月以降に購入された方は商品を破棄することです。

なかなか、ホームぺージやニュースでを細かく情報を拾いきれない方やご高齢の方も多くいると思いますので、組合員同士声など掛け合いこれ以上ペットに被害が広がることがないよう祈ります。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

今や、ペットは家族同然。
フードに関しても健康志向や安全性が強く求められている中、日本国内企業でこのような事例が発生するとはショッキングなニュース。
適切な対応と今後の改善が強く求められていると思う。

これは人間が食べてたらどうなったのだろう?

色々なペットフードが売られているが、飼い主の目線からも大切なペットにもおいしいご飯を与えたいだろうし、お店で売られているペットフードは人間から見ておいしそうに見えるパッケージが殆どではないだろうか?

もちろんペットフードには人間は食べられない趣旨の注意書きが書いてある訳だが、ペットがどういう味の物を食べているのか興味を持つ飼い主も実際多い。(特に子供!)

先日会社の飲み会でペットの話になった時に、ペット用のジャーキーが割と旨いと言ってる人がいた。

話が進むと、ペットの飼ったことのある数人がペットフードを食べた事があると言っていた。

お盆に帰省した際に、親戚の子にその話をして「食べちゃダメよ」っと促そうと思ったら、既に食べた事があるらしい。

難しい事かもしれないが、パッケージでもっと人が食べる事への危険を記載するべきだと思う。

日本のあるペットフードメーカーのフードを与えたら愛犬が下痢になってしまった事がありました。
フードが合わなかったのだと思い残ったフードを友人に譲った所、友人の愛犬3頭も下痢になったそうです。
友人もフードが合わなかったのだと思い残ったフードを実家に譲った所、実家のワンちゃん3頭も下痢に。
7頭もの犬が同じフードで下痢になるのはおかしいと思いメーカーに問い合わせましたが、他にそんなクレームはきてない、たまたま全頭体調が悪かったのではなどと言われ、フードを送り返すと言ってもいらなければ廃棄して下さいとの一点張り、、調査する気もありませんでした。

それから愛犬のフードは海外メーカーの物にしています。
一度だけ缶詰め外回りに不備があった事がありメーカーの日本支社に問い合わせた事がありますが、日本の大手食品メーカーの様に迅速に調査してくれとても誠実に対応してくれました。

日本はまだまだですね。

ペットに関しての記事が小さすぎです。TV等も取り上げて注意すべき事をもっと報道してもらいたい。もしも我が家の子たちが食べてたらと思うと、想像もしたくないです。しかも生活用品扱いの文字にショックを隠せない。ペットは家族同然なのに。亡くなったペットの為にも今後二度とこのような口に入れる物を簡単に考えない社会になってもらいたい
社名をもっと世に知らしめて欲しいけど、社員さんもかわいそうですね?要は実験台にされる社風なんですかね?この会社は?

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です