【死因は病気:乳がん】園田小波さん死去チョコミミ作者イラストやツイッター結婚について


こんにちは!編集部の桜田です!

少女漫画「りぼん」に掲載の漫画家、園田小波さんが8月4日に乳がんのため死去したことが分かりました。

享年42歳という若さで旅立たれファンの方は驚きを隠せないようです。


漫画家の園田小波さん死去 死因は病気で乳がん

園田さんの訃報について、スポニチアネックスでは次のように報じています。

漫画家の園田小波さんが8月4日に乳がんのため死去したことが分かった。兵庫県出身、42歳だった。

2003年から「チョコミミ」を連載をしていた「りぼん」(集英社)の公式サイトで発表されたもの。また、園田さんの公式ツイッターでも「りぼん公式ホームページにて発表がありました通り、8月4日園田小波が永眠したことをお伝えします。りぼんで『チョコミミ』を15年に渡り連載させて頂きました。完結させることが出来なかったのは残念ですが、皆様これまで『チョコミミ』及び園田小波を応援して頂きありがとうございました」と報告している。

8月の4日に園田小波さんは死去していることがわかりました。

死因は乳がんとのことで闘病生活を送っていたのかもしれませんが、詳細な情報は報道されておりません。

発売中のりぼん9月号では連載されていたチョコミミは園田さんの体調不良のため休載していました。

4月にあったりぼんが主催のイベント、りぼん★みらいフェスタではご自身も足を運んでいました。

この頃は、まだ元気だったのではないでしょうか?

園田小波さんは雑誌りぼん人気漫画チョコミミの作者

2003年より「チョコミミ」は15年間少女雑誌りぼんに掲載されており、とてもファンの多い人気漫画でした。

チョコミミはテレビドラマにもなったほどの作品です。

人気の秘密はりぼん編集部でも次のように語られています。

友情に恋におしゃれに、女の子の好きなものを詰め込んだ唯一無二のギャグ&ショートとして一躍人気になった『チョコミミ』は、その後、TVドラマにもなり、約15年ものあいだ、たくさんの人に愛されるロングヒット作品となりました。

しっかり者のチョコとマイペースなミミと、その愛すべき仲間たちは、これからもずっとずっと私たちに笑いと幸せを届け続けてくれることでしょう。

園田小波さんイラストやツイッターについて


園田小波さんは2014年12月からTwitterを利用していました→公式ツイッターアカウント

園田小波さんのツイッターではラフなタッチのイラストがアップされたり、

時にはペットの猫ちゃんの写真がアップされていました。6月18日までは普通にプラべートの写真もアップもも更新されており、病気だという事はまったくわからない感じでした。

園田小波さんは結婚している?

園田小波さんは相手の方の詳細などは公表されておりませんが、ご結婚していました。

ツイッターの中で自分の子供にエプロンを作った様子がアップされていたことがあります。

幸せな結婚生活を送られていたのかもしれませんね。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

初期の乳ガンなら、治る確立が高いと言われますが、仕事が忙しかったのでしょうか?
また定期検診は、受けていなかったのか?非常に悔やまれますね。さくら先生だけでも凹みましたのに。
面倒でもやはり毎年検診は、受けないといけないですね。

御冥福をお祈り致します。合掌

娘が小、中学生の頃に娘のりぼんを覗き見していて、チョコミミは絵も話も可愛くて娘も私も大好きだったので本当に驚きました。とても残念で悲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です