ピコ太郎の新曲がyoutubeでどんな曲?消えたのではなく結婚や子供トランプ大統領と晩餐会で現在や全盛期の収入は?


こんにちは!編集部の桜田です!

PPAPで一躍有名となったピコ太郎さんですが、この度新曲を発表。

世界的な人気を集めたピコ太郎さんの新曲「Everyone must die」が注目を集めています。

新曲はピコ太郎さんが取り組んできた「ピコ10プロジェクト」のラスト曲として、8月14日にユーチューブ上で公開されました。

ライブドアニュースでは次の通りに報じています。

PPAPはすべて英語の歌詞で1分程度の長さだったが、新曲は、サビ以外はすべて日本語で、曲の長さも3分程度に伸びている。

MVでは、おなじみのアニマル柄の衣装に、頭上に天使の輪を付けたピコ太郎さんが冒頭、穏やかなピアノに合わせ、「空は青く晴れ 白い雲がゆっくり動き 子供達は走り回り 大人たちは大きく笑う」と語りかける。微笑みをたたえたまま、「愛してる人はいますか?好きな人はいますか?」と問いかる

サビでは、曲のタイトルにもなっている「Everyone must die」が満面の笑みで4回繰り返される。曲の最後もこの台詞で締められていて、とにかく「生き物はみな死ぬ」というメッセージが強烈だ。

動画は19日の13時頃までに約19万回再生されている。「インフルエンザの時に見る夢」などの感想が集まっているほか、海外からのコメントも多い。


ピコ太郎の新曲がyoutubeでどんな曲?

新曲はピコ太郎さんが今まで取り組んできた「ピコ10プロジェクト」のラストを飾る曲で、歌詞が暗く意味も深そうです。

タイトルに曲のタイトルに「Everyone must die」で「生きている者はみないつか亡くなる」という部分が、何か伝えたかったものが大きそうですね。

ネット上の感想では「アクの強い曲出してきたな」や「前衛的すぎて理解に苦しむ・・」と困惑する声もありました。

ピコ太郎は消えている間に2017年に結婚して子供も!

ピコ太郎さんはPPAPのあとぱったりと芸能活動から消えたと思われていた方も多いかもしれませんが、2017年に15歳年下の安枝瞳さんと結婚しています。

2018年に第一子出産されていて現在はお子さんもいるとのこと。

ピコ太郎さんが昔から好きだったアイドルの奥さんと結婚していたのですね。

ピコ太郎が晩餐会でトランプ大統領と一緒に写真に

ピコ太郎さんは2017年9月30日に外務省からSDGs推進に係わる関連業務を行う「SDGs推進大使」に任命されました。

2017年11月6日の安倍総理が主催したトランプ大統領初来日の晩餐会では、SDGs推進大使として参加しています。

とても貴重な経験をされていますね。

トランプ大統領のお孫さんが「PPAP」を真似した動画をアップしていたこともあるようで、PPAPがお気に入りのようだったとか。

ピコ太郎現の在や全盛期の収入は?

ピコ太郎の全盛期の収入は億単位と公表されたことがあります。

その時のピコ太郎さんの25年分の収入と同じだったとか。

PPAPとしてCDをリリースしたりしたことをはじめ、全盛期の収入は凄かったそう。

その時、youtubeの動画再生回数も1億2千万回と凄い再生回数でしたが、そちらの広告収入の方はそんなに、、と本人が話されていたそうです。

残念ながら、現在の収入は詳しくわかりませんでした。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です