【死因は病気?】瀧本哲史さんが死去なくなる前痩せていた?ベストセラー本やツイッターについて


こんにちは!編集部の桜田です!

投資家でベストセラー作家の瀧本哲史さんが死去しました。

享年47歳でした。早すぎる別れにNSN上ではたくさんの声がつぶやかれています。

毎日新聞では次の通りに報じています。

瀧本哲史さん(たきもとてつふみ=京都大学客員准教授・起業論)が10日、病気で死去した。47歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻茜(あかね)さん。

東京大大学院助手を経て、マッキンゼー・アンド・カンパニーに就職。独立して投資家として活動する一方、京都大では起業論などを講義した。著書に「ミライの授業」「僕は君たちに武器を配りたい」など。


瀧本哲史さん死去、死因は?最近痩せていたとの声

瀧本哲史さんはエンジェル投資家でもあり経営コンサルタントをなさっており、京都大学産官学連携本部イノベーションマネジメントサイエンス研究部門客員准教授でもあり株式会社オトバンク取締役でもありました。

47歳という若さで亡くなった死因は病気だと思われますが、詳細は詳しく報道されておりません。

最近痩せられた、テレビで見ていなかったなどSNSの声がありましたので闘病生活を送られていたのかもしれません。

2018年4月の週刊文集には対談の特集がくまれていてその頃はお痩せになった感じは見受けられませんでした。

“東大王”鈴木光さんと、鈴木さんが所属する東大「瀧本ゼミ」の投資家・瀧本哲史さんの初対談。後編では、何かと生きにくい世の中をわたっていくための教養術について語っていただきました。

瀧本哲史さんの出版していた本

投資家でもあり、ベストセラー作家だった瀧本哲史さんの本をご紹介いたします。

『武器としての決断思考』

『僕は君たちに武器を配りたい』

『武器としての交渉思考』

『君に友だちはいらない』

『ミライの授業』

瀧本哲史さんのツイッターは?

2010年7月からTwitterを利用していました。

8月の8日まで更新されていたようです。

フォロワーも4.2万人とファンの方がたくさんいらっしゃいました。

ネットの反応

瀧本哲史さんの死去により、ネットではどんな声があるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です