としまえんのプール!ふわふわウォーターランドとはどんな遊具?事故後営業の再開は


こんにちは!編集部の桜田です!

夏休みのお盆にとしまえんのプールで悲しい事故がおきてしまいまいました。

ライフジャケットをつけて遊ぶプールの上に浮かぶふわふわウォーターランドというアトラクションでのことです。

15日午後2時ごろ、東京都練馬区の遊園地「としまえん」のプールで事故がありました・・・

事故現場となった場所はジャングルジムやトランポリンなどの遊具を浮かべた「ふわふわウォーターランド」です。

日本経済新聞の詳細記事

としまえんのプールのふわふわウォーターランドとは?

としまえんのプール内のアトラクションの一つ、ふわふわウォーターランドでは救命胴衣(ライフジャケット)の着用を義務付けて水の上に浮かんでいる遊具で遊べるアトラクションだったようです。

 

水深は最大1.9メートルもあり、大人でも足が届かない深さのプールというのが特徴です。

 

アスレチックのようなよじ登る遊具やマットの上を渡る複数の浮きの遊具が連なったアトラクションです。

としまえんふわふわウォーターランドとは?

公式サイトより引用

ホームページの説明には下記のようにありました。

●プール入場料の他に別途1名1日1000円(税込み)

●身長110cm未満のお子さまは、大人の付き添い(20歳以上の方で有料)が必要です。

●エリアは何度でも出入りできます。

●雨天・荒天中止

プール入場料とは別に料金がかかる有料アトラクションです。

としまえんふわふわウォーターランドの営業の再開は?

本日の発表で当面は「ふわふわウォーターランドを閉鎖」ということは分かっていますが、再開の目途は立っていません。

 

ホームページによると8月16日はプール営業全面休止となっています。

 

この手の水上タイプの遊具は最近人気ユーチューバーの動画でアップされていたり、海外や日本の海でも見かけるようになりました。

 

夏休みの利用客が多い時期でもあり、今後二度とこのような事故が起こらない事を願います。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

8歳でライフジャケット着用、大規模遊具エリアをはしゃいで遊びまわる子どもに親が逐一ついていくわけにもいかないですし、死角もたくさんありそうである程度目を離す時間があるのは致し方ないと思います…。構造上、潜り込み防止の措置がなかったのか、ライフジャケット着用でかえって危なくなかったのか、監視員の位置は適切だったか、一度の利用人数に制限を設ける必要がなかったかなど検証して再発防止策を取っていただきたいです…。ご冥福をお祈りします。

ライフジャケット着てない方が、この場合は助かったかも知れないよね!
あんなに大きな浮き遊具の下じゃ、なかなか水面に顔出せないしパニックになると思う。

これは浮き遊具下に入れないようにフェンスで囲まないと同じ事故は起きるだろうね。

親叩きする人の気持ちも分かるけど
小さい下の子がいたのかもだし目が届かない時もあるし娘…もっと見る

遊具の下は危険だな。子供はその恐さも考えず、ちょっとした冒険心で潜ってしまったんだろう。ライジャケは浮こうとするが上には遊具で水面には出られない。横に泳ぐ知恵はないだろう。恐かっただろうな。直前までの楽しい思い出を天国に持って行って欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です