タモリが会う長身の美魔女B子は誰?週刊新潮が報じた中園ミホと同じ人?現在や妻について


こんにちは!編集部の桜田です!

2014年に笑っていいとも終えたあのタモリさんが吉永小百合さん似の女性と週1回会っているという情報がニュースポストセブンで報じられました。

7月中旬夜7時30分頃、都心の大通りを少し入った小道で、運転手付きの車から降りたタモリ。人目を警戒するように、そろりそろりと路上に停車している車にまで注意を払う。直線距離にして100mほどの道を遠回りを重ねながら、やがてとある瀟洒なマンションへと消えて行った。

その少し前、タモリが乗っていた車からは、スラリとした長身の女性が降りていた。女性が先に辿り着いていたのは、タモリが入ったのと同じマンションだ。

その後約2時間、ふたりは同じ屋根の下で過ごした。ある日は、タモリの車が彼女の自宅近くに止まると、エントランスから小走りで出て来た彼女を乗せ、銀座の有名飲食店が入るビルへ。またある日は、ふたりを乗せた車が高級飲食店が集まる西麻布の雑踏に消えた──。

逢瀬の頻度は“週一ペース”。いずれもタモリは帽子にマスクという“完全防御”だった。ちなみに女性は彼が49年連れ添った妻ではない。いったい、どんな関係なのだろうか。

愛妻家のタモリが、毎週末ひと時を過ごす女性は、いったい誰なのか。

「B子さんはおひとりさま暮らしをしているアラ還美女。タモリさんとは数年前に知人の紹介で知り合ってからの仲だそうです。高級ブランドをいかにもではなく、シンプルにサラリと身につけている品のいい女性です。お肌も艶々で、きれいな姿勢も印象的ですね。

以前はお仕事をしていましたが、今は愛犬の散歩や料理などを楽しむ悠々自適の生活を送っているようです。ウイットに富んでいて話題も豊富、素敵なかたですよ」(B子さんの知人)


タモリが会う長身の美魔女B子は誰?週刊新潮が報じた中園ミホと同じ人?

タモリさんに愛人?という内容で7月に週刊新潮がNHK大河ドラマ「西郷どん」を手がけた人気脚本家の中園ミホ氏59歳と報じていましたが、今回ポストセブンではモザイクのある画像で二人の写真を数枚公表しています。

二人は同一人物なのでしょうか?

脚本家の中園ミホ氏だとするとこの方です。

本名 中園 美保
誕生日 1959年7月16日(60歳)
出身地 日本 東京都中野区
テレビドラマ 『西郷どん』などを手掛ける脚本家

今回ポストセブンで公表された女性はとても長身の方のようです。

お相手のB子さんはタモリさんもたくさんお友達がいるでしょうし、自分たちも友達関係記者の質問に答えているようです。

7月20日に報じられていた記事→https://www.zakzak.co.jp/ent/news/180727/ent1807277629-n1.html

タモリの現在や妻について

タモリさんは現在、笑っていいともが終わってから何かと忙しい毎日送っているそうです。

奥さんはとてもお美しい2歳年上の方ですが、本当にプライベートは厳重にされているようで奥様の写真は情報を探しても昔の写真しか出てきません。

現在はお年を召していることと思いますがきっとタモリさんの好きな吉永小百合さんのようにきれいにされているのではないでしょうか?

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

私はまだ若く未熟なので、このようなパートナーの行為を黙認できる器の大きい女性の心情が想像つかない。こういうことをする男性は、もちろん妻が同じようなことを隠れてやっていても 許すということですよね?

お金に余裕があって
教養もあって
それなら仕方ないんじゃない
奥さんも旦那さんに
べったりされても正直者困るんよね
ご飯出してくれるの待たれても
それなら元気に出掛けてもらった方がいい

タモさんに関しては昔から人を非難せずゆる〜いスタンスの人だから嫌な印象がない。奥様も大事にしてそうだし、脚本家の美女ともよくご飯食べてるの撮られてたしね、吉永小百合似?の女友達がいてもいいのではないの!

年齢を重ねてきて話や趣味の合った小綺麗な人と週1位で会う。自由に使えるお金もあるし悠々自適気味な芸能生活をしているタモリさんならでは…だし 素直にカッコイイなぁって思いました
ずっと長いことお昼の番組をやり続けてきたんだし、元気に長生きして欲しいし 見守ってあげてはいかがでしょう!?
自分が奥さんだと ちょっとモヤモヤした気分かも…でも、タモリさんクラスの奥さんなら 随分前から自分の趣味とか謳歌してそうだな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です