【死因は病気】トニモリスンさん死去(アフリカ系アメリカ人)ノーベル賞作家の経歴や書籍ビラヴドについて


こんにちは!編集部の桜田です!

アフリカ系アメリカ人として、初めてノーベル文学賞を受賞した女性作家のトニモリスンさんが5日、亡くなりました。88歳でした。

トニモリスンさんは黒人の人種差別を描いた作品で有名な作家です。

NHKでは次の通りに報じています。

トニ・モリスンさんは1931年、アメリカ中西部オハイオ州に生まれ、大学卒業後に出版社の編集者をへて、1970年に、白人にあこがれる黒人の少女を通してアメリカ社会における人種差別などを描いた「青い眼がほしい」で文壇にデビューしました。

黒人の歴史や社会を舞台にした作品を数多く手がけ、1988年には黒人女性が、自分の子どもが奴隷となることから逃れるため、あやめてしまう「ビラヴド」で、すぐれた文学などに贈られるピュリツァー賞を受賞したほか、1993年には、ノーベル文学賞を受賞しました。

また、2012年には、オバマ前大統領からアメリカの文化活動などに貢献した人たちに贈られる、一般市民としては最高位の勲章「自由勲章」を授与されています。

オバマ前大統領は、モリスンさんの著作を愛読書としていて、フェイスブックにモリスンさんと一緒に写った写真とともに、「トニ・モリスンは国の宝でした。彼女の作品は、美しいだけでなく、深い意味を持ち、私たちの良心に訴え、共感を呼びます」というメッセージを投稿しました。

モリスンさんは5日、病気のためニューヨークの病院で亡くなったということです。


ノーベル賞作家トニモリスンさん死去


アフリカ系アメリカ人として、初めてノーベル文学賞を受賞した女性作家のトニ・モリスンさんが5日、亡くなりました。88歳でした。

家族からの発表によると死因は病気とのことですが、詳しい病名などは公表されておりません。

トニモリスンの経歴

トニモリスンは1931年にアメリカのオハイオ州に生まれました。

現代アメリカを代表する小説家でハワード大学を卒業後、コーネル大学大学院で文学の修士号を取得しています。

その後、大手出版社ランダムハウスで編集者として働く傍ら小説の執筆を続けました。

デビュー作は1970年に「青い眼がほしい」という作品です。

1973年には第二長篇「スーラ」で全米図書賞の候補となり、1977年の「ソロモンの歌」ではアメリカ芸術院賞を受賞。

第五長篇となる1987年発表の「ビラヴド」でピュリッツァー賞を受賞しました。

トニモリスンの代表作ビラヴドについて


トニモリスンの代表作、ピュリッツァー賞を受賞した作品に「ビラヴド」があります。

この作品は自分の子供が奴隷となることをのがれるためにあやめてしまう、あやめるしかないという愛を描いた事実をもとにした壮絶なストーリーの大作です。

壮絶過ぎて読むのに時間がかかった方もいれば、忘れてはならない歴史、現実はもっと壮絶だったのではないか、いろいろな感想が本を販売しているサイトで見受けられます。

過激な文章が含まれるためその感想をそのままこちらに載せることができませんのでリンクを載せておきます。

ビラヴドの感想が載ったサイト→https://bookmeter.com/books/42605

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です