那須ハイランドパークボルダリング事故!業務上過失致死傷容疑どんな遊具で原因は?閉園やなくなる、潰れる噂は?


こんにちは!編集部の桜田です。

5日午前11時50分ごろ、栃木県那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」の屋内施設で、約5メートルの高さからサンドバッグのようなものに飛び移る遊具で遊んでいた男性が転落した。男性は頭を強く打っており、搬送先の病院でなくなりました。

毎日新聞では次の通りに報じています。

県警那須塩原署によると、死亡したのは相模原市緑区の自営業、横尾一範さん(51)。家族と遊びに来ていたという。
 那須ハイランドパークによると、男性が遊んでいたのは、クライミングなどが楽しめる屋内施設「ノボランマ」内にある「リープ・オブ・フェイス」という遊具。はしごが付いた鉄柱に登り、高さ約5メートルの飛び込み台から、水平方向に数メートル離れたサンドバッグ状のものに飛び移る。
 利用者は安全のためハーネスを付けた上で、遊具から伸びる安全帯と接続することになっていた。同署は、こうした安全器具が適切に使用されていたか調べている。 


那須ハイランドパークボルダリング事故で横尾一範さん亡くなる

一番左側の遊具です。

この事故で亡くなったのは神奈川県相模原市緑区在住の自営業51歳の男性、横尾一範さんです。

事故現場は5日の午前11時50分頃、那須ハイランドパークの敷地内の屋内遊具「ノボランマ」というボルダリング遊具施設です。

「ノボランマ」内には数種類のボルダリング遊具が存在しており、事故がおきたのは赤と白の高さ約8メートルの鉄柱のはしごを上った後、空中にぶら下がった細長い円柱のサンドバッグに飛びつくタイプのものです。

横尾さんがチャレンジしてた際転落し頭を強く打ち、意識不明となり病院へ搬送されましたがその後亡くなりました。

転落した高さは5メートルの高さだったとのことで業務上過失致死傷容疑で原因を調べているようです。

報道によっては命綱をつけていなかったと報道されている所もありましたが、毎日新聞での報道では命綱は装着していたものの転落したとされています。

真相がどうだったのかが報道されるのも時間の問題のようです。

「ノボランマ」については再開の目途はたっておらず、休止中となっています。

しっかりと原因を究明して二度とこのような事故が起こらないことを祈ります。

8月6日追記

遊園地によりますと、事故の前にスタッフ2人が男性にヘルメットとハーネスと呼ばれる安全ベルトを装着しました。しかし、ハーネスに付ける命綱については、スタッフが遊園地の聞き取りに対して「付け忘れてしまったかもしれない」と話しているということです。このアトラクションでは命綱を付けることが義務付けられていて、警察は業務上過失致死の疑いも視野に調べる方針です。

新たな情報で「(命綱を)付け忘れてしまったかもしれない」というスタッフの話も出てきました。

遊園地側も働かせる方に取り付けなければ人が亡くなる可能性があることをしっかり教育していたのでしょうか?

那須ハイランドパークが閉園するやなくなる、潰れると噂されているのは本当?

ネットで検索していると、この事故の前から聞こえは悪いですが那須ハイランドパークが閉園するやなくなる、潰れるというワードが出てきます。

本当なのでしょうか?

那須ハイランドパークがある栃木県那須郡は冬は雪が積もるため、遊園地自体はやっていてもアトラクションが軒並み中止中とという時期もあるそうです。

そんな中、3月にできた今回のアトラクションは室内で遊べる施設だったので季節に関係なく遊ぶことのできる場所だったと思います。

「潰れる」「なくなる」噂が本当でなかったにしても、今回の事故は業務上過失致死傷容疑も関係しますし大きい出来事かもしれません。

危険を含む遊具は万が一があってはならないので、万全で運営して欲しいと思うとともに、命綱の不具合なのか、それ以外の原因が考えられるのかしっかり究明してほしいですね。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

ほかの記事で
命綱はつけていなかった
と書いてあったから自分の意思で
付けなかったのかと思ってた。
装着が十分じゃなかったのなら
遊園地側の過失でしかないね。
文章で印象が変わるなと改めて。

バンジージャンプとか、皆よくやれるなぁ、って思う。もし命綱が抜けちゃったら、、って考えると挑戦する気にならない。
今回の事故、まさに命の綱が機能しなかった痛ましい事態。
亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

確かに運営側の落ち度しかないと言えばそこまでだが、一部報道では安全確保のハーネスをこの方はつけてないとか……
真偽の程はまだ出てませんが、よくある高速道路での事故でシートベルトつけてないのは報道なくても明らかわかる事故等、被害者と言われる方々がそもそもルールを守ってないのであれば、平等の観点からしっかりと報道すべきかと。

この高さで命綱なしはあり得ないと思うので、ちゃんと装着できていなかったとかでしょうかね。

最初から着地するつもりでジャンプするのならまだ何とかなりそうですが、掴まるつもりが失敗だったら、まともに着地できる訳もなく、受け身が取れる人でもなければ骨折は免れないかと…。

命に係わる事なので、命綱装着はちゃんとした人がやるべきだと思います。
担当した人も相当ショックを受けているでしょうね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です