慶応幼稚舎教員が受験生へ金品引き換えに個別指導疑惑1年担任A先生は誰?入学できたら謝礼はいくら?卒業した芸能人


こんにちは!編集部の桜田です!

小学校受験で全国屈指の人気を誇る超名門の慶応義塾幼稚舎。

その現役教員が、学校の内規で禁止されている受験前の児童への個別指導を行っていたことが「週刊文春」の取材で分かりました。

追記:2019年9月19日文春で新しいスクープが出ています

→慶応幼稚舎 女子児童へのセクハラ疑惑で担任が「自宅待機」処分

https://bunshun.jp/articles/-/14152

週刊文春では次の通りに報じています。

実際に指導を受けた児童の保護者によると、この教員は指導の見返りとして、受験生の親からお菓子などの品物のほか、1回につき5万円から10万円の謝礼を受け取っていたという。

「A先生は60代前半で、現在一年生の担任をしています。少なくとも5年前から受験生への個人レッスンを行っており、毎年10人程度を教えていると聞きました。指導の定番は公園で受験生の子供を遊ばせること。その行動を慎重に観察して、親にアドバイスします」(現役児童の保護者)

小誌は7月の平日に、都内の公園で実際に指導を行っている様子を確認。指導後、A先生は受験生の母親から、ローストビーフが入った紙袋を受け取っていた。

A先生は週刊文春の取材に対し、次のように回答した。
――受験生に個人的に指導している現場を確認した。
「受験指導ではなく、子育ての悩みを聞いているレベルです」
――幼稚舎のホームページには「舎長および教職員と面会はできない」と明確に書いてあるが。
「オープンにやっているわけではなく、知り合いの人に言われて断れないってことはあるじゃないですか」
――金品は受け取っていない?

「もちろん食事したりとかね。休みの日に出てきてくれたから『先生、お菓子持ってきましたよ』ってのはある」

学校側にA先生の行為について問い合わせると、広報室は「お問い合わせの件につきましては、現在事実関係を確認中です」と回答。さらに前記のホームページ上の記載を引用し、「入学試験の公平性確保に努めております」と答えた。
8月1日(木)発売「週刊文春」では、個別指導時の写真とともに、A先生が児童に行っていた指導の具体的な内容、A先生が入学試験後に受け取る謝礼の金額や贈答品の内容などについて詳報する。


慶応幼稚舎教員が受験生へ金品引き換えに個別指導疑惑

慶應義塾幼稚舎(けいおうぎじゅくようちしゃ)は、東京都渋谷区恵比寿にある私立小学校です。

運営しているのは慶應義塾であり、それゆえ学費も高額なため通学しているのは財界人や政治家に医者、文化人や芸能人ら著名人など、いわゆる”良家の子女”が多数在籍しています。

現在通われてる児童で昨年2017年は、歌舞伎役者の市川右團次さんの息子が慶應幼稚舎のお受験に成功して、入学しているようです。

入学すると16年間エスカレーター式に進んで学ぶことができる慶応幼稚舎は、1874年(明治7年)に福澤諭吉の高弟である和田義郎が、慶應義塾の塾生で最も幼い者数名を三田の慶應義塾構内にある自宅に寄宿させて、夫婦で教育を行った「和田塾」が幼稚舎の始まりだと言われています。

そんな、慶応幼稚舎で今回起こった疑惑の金品と引き換えに個別指導をしているというのです。

慶応幼稚舎のホームページにはしっかり、「入学試験に関するご質問やご相談について、舎長および教職員は、公私にかかわらず一切お受けしません。受験に関連して、舎長および教職員へ金品を送ること、私宅を訪問すること、書状を送ることなどは固くお断りします。」

と記載されているにも関わらず、今回文春に情報提供した児童の保護者は1回につき5万円から10万円謝礼は受け取っているというのです。

しかも、A先生が入学試験後に受け取っている謝礼金額や贈答品の内容詳細があきらかになっているらしいです。

慶応幼稚舎教員が受験生へ金品引き換えに個別指導しているA先生は誰?

このA先生は1年生の担任ということまでしかわかっていません。

もし、この文春に情報提供した保護者のことが正しいとすると、この担任A先生が受け持っているクラスには2018年から、A先生に世話になっている児童が存在しているということですね。

この保護者曰く、少なくとも5年前から金品を受け取っているらしいとのことです。

毎年10人程度の窓口を設けているとのことです。

慶応幼稚舎は全国的にも大変人気の学校であるにも関わらず、今回のような個人的な指導で裏口入学指導のような事が行われているとすると、超名門のブランドにも信用が無くなってしまうのではないでしょうか?

現在、入学している人にもその手を使って入った人なのか?と直接言われないにしても思われてしまうことが今後あるかもしれません。

そうなると、正式に受験して入学した児童や親御さんはたまったものではありませんね。

慶応幼稚舎を卒業した芸能人は?

●フジテレビアナウンサー 中村光宏さん

●元雑誌JJの専属モデル 園原ゆかりさん

●実業家 ローソン社長を退任の後顧問 玉塚元一さん

デジタルハーツホールディングス代表取締役社長CEO。リヴァンプ元顧問

●Jリーグ所属 プロサッカー選手 都倉賢さん

●音楽プロデューサーでミュージシャン松任谷由実の夫、自動車評論家の松任谷正隆さん

●嵐のメンバー櫻井翔さん

●俳優、タレント、気象予報士の石原良純さん

他にも沢山いらっしゃいますが有名な方をあげてみました。

皆さん、オーラが違いますね。

 

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

 

東京医大の不透明入試や慶応幼稚舎の入試など昔から(数十年単位のレベル)その界隈で有名な話がいまさら取沙汰されるとは時代も変わったなと思う.

東京医大の入試って,同じコミュニティーで受け継がれた席があるはず.毎年同じコミュニティーの親の子供が必ず入るし.

また,そもそも幼稚舎に入れる人なんてもともときまっているようなものだから・・・数千万単位で寄付しても落ちる人もいるしw

幼稚園生のとき,幼稚舎入試を目の当たりに見て,子供心に世の中の理不尽さを実感した.

でもその理不尽は現在まで数十年も続いているのだから,批判するくらいなら理不尽なことをされるよりいかにしてされない側に回れるかと思う今日この頃.

駄文で失礼.

お受験のドラマがあんな感じで高い絵画買ったり
する描写が放送されているのは実際あるからじゃないの?
芸能人、著名人の子供はほとんど合格するのは
お金です。貧乏な家庭の子供を入学させたって寄付金集まらんでしょう。学校の為にならない。
そんな学校を卒業した子は世の中の為にはならないけどね。

 

公平性なんかあるわけ無いじゃん、俺の時は身内で卒業生がいますか?と聞かれた、という事はぜんぜん関係ないと点数がプラスにならないのねと思った。
私立だから好きなように出来るんだなぁ~と思い理不尽さをしったよ。

 

慶應幼稚舎が、コネと金で成り立っていることは有名な話。今更何をという感じ。
ほんとに優秀な子はここには行かない。
なぜなら大学があるということが最大のメリットであり、それ以外は、教員のレベル、教育のレベル、どれをとっても金をかけてる割に低水準。
ただ腐っても慶應。青学なんかは足元にも及ばない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です