【死因は病気(肝不全)】西健一郎さん死去和食料理人プロフェッショナルに出演やNHKみんなのきょうの料理レシピと本


こんにちは!編集部の桜田です!

和食料理人の西健一郎さん(にしけんいちろう)さんが26日、肝不全で死去しました。81歳でした。

お通夜、葬儀は近親者で営む予定とのことです。

朝日新聞では次の通りに報じています。

京都生まれで父も料理人。京都で修業後に30歳で独立し、東京・新橋に「京味」を開店。京野菜に光を当てるなど、四季の恵みを大切にした料理で、有吉佐和子、梅原龍三郎ら多くの著名人にも愛された。多くの弟子も育てた。著書に「『京味』の十二か月」(作家平岩弓枝さんとの共著)、「日本のおかず」など。


和食料理人の西健一郎さん死去

西健一郎(にしけんいちろう)さんが26日、肝不全で死去しました。81歳でした。葬儀は親族だけで行われると伝えられています。

西さんは、日本の和食料理人であり、新橋にある京料理店「京味」の亭主で有名な方でした。

西健一郎さんの料理人になるまでの経歴

著名な京料理人である西音松の四男として京都に生まれる。

料理人を継ぐはずだった長兄が他の道を志したため、父親から17歳の頃に料理人になるように命じられ、京都の高級割烹で修行を始める。

抜群の料理センスと負けん気の強さで頭角を現し、1967年に30歳で独立して東京・新橋に自分の店「京味」を構える。

店は文化人や作家、政財界人が集う人気店となるが、更に父親の「まだ料理人のうちに入ってませんわ」という評価に本人は納得がいかず、、

数年間独自で探求を試みるが、結果的に京都で既に引退していた父親に教えを仰いだ。

父親は70歳を過ぎ、西は30代半ばだった。二度目の修行は父親が86歳で亡くなるまで、およそ10年続けた。

プロフェッショナル 仕事の流儀に出演

2009年2月4日NHKテレビプロフェッショナル 仕事の流儀に出演しました。

さまざまな分野の第一線で活躍する一流のプロの「仕事」を徹底的に掘り下げるドキュメンタリーシリーズとして人気がある番組です。

阿川弘之や平岩弓枝など、名だたる食通たちに愛され、料理人を題材にした有名な漫画「美味しんぼ」にも実名で登場したことのある伝説の名料理人です。

西健一郎さんが取り上げられた、「プロフェッショナル 仕事の流儀」は第6弾としてDVDでも販売されています。

西健一郎さんの料理がNHKみんなのきょうの料理レシピに

西 健一郎 さんの人気レシピとしてコーナーが組まれており、和食の本格的なレシピが多岐にわたり掲載されています。

本格ふろふき大根
白菜とお揚げのみそあえ
たらこの含め煮
八方だし

など

12種類が掲載されています。今後も掲載されつづけることでしょう。

みんなの今日の料理 西 健一郎 さんの人気レシピ➡https://www.kyounoryouri.jp/teacher/detail/356

西健一郎さんの料理に関する本

西健一郎さんはご自分の料理の経験を生かした本をたくさん執筆されています。

和食の上級者に向けた本がたくさんありました。

実際に和食のお店をされている方にも愛読されている本もたたくさんあるようです。

京味の焼きもの(柴田書店、1992年)
京の味・焚合せ(同上、1984年)
造り-魚とその扱い(同上、1981年)
季節のおかず (中央公論社、1994年)
料理人が作る家庭のおかず (中公文庫ビジュアル版、1997年)
今夜の酒の肴 (中公文庫ビジュアル版、1997年)
和のおかず-京味・西健一郎の幸せな台所(大海社 1997年)
日本のおかず (幻冬舎、2008年)
京味のお椀 (幻冬舎、2009年)

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です