広島市中区の書店で本盗みスプレーした犯人は誰で特徴は?犯行現場はどこ


こんにちは!編集部の桜田です!

27日午後、広島市の書店で本を盗んだとして警備員に追いかけられた男が、周囲にスプレーのようなものをまいて逃げました。警察によりますと、合わせて6人が目の痛みなどを訴えていて、このうち3人が病院に搬送されました。

NHK広島では次の通りに報じています。

この動画はsでに2万回以上再生されています。

27日午後6時45分すぎ、広島市中区の商業施設の6階にある書店で本を窃盗した男が逃げる際、同じ建物の3階にある広島バスセンターの出入り口付近で追いかけてきた警備員に向けスプレーのようなものをまきました。
警察によりますと警備員と近くにいた利用者合わせて6人が目の痛みなどを訴えこのうち3人が病院に運ばれましたが、命に別状はないということです。
現場では救急車と消防車が13台が出動して対応にあたり建物周辺は一時、騒然としました。
警察によりますと男は逃げていて防犯カメラの映像から年齢が50歳から70歳ぐらいで野球帽をかぶり眼鏡をかけていて半袖半ズボン姿だったということで警察は事後強盗の疑いで男の行方を捜査してます。


広島市中区の書店で本盗みスプレーした犯人は誰?特徴は

現在、逃走中で情報が少ししかわかっていません。

●年齢が50歳から70歳くらい
●野球帽かぶる
●眼鏡をかける
●半そで半ズボン姿

以上の特徴が公開されています。

この事件の犯行現場は?

広島バスセンターという場所です。

6階にある書店で本が盗まれています。

犯行現場の書店のは〒730-0011 広島県広島市中区基町6−27 アクア広島センター街6Fです。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

防犯カメラの映像から年齢が50歳から70歳ぐらいで野球帽をかぶり眼鏡をかけていて半袖半ズボン姿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です