東京都世田谷三軒茶屋カラオケで転落事故の場所はどこの店?原因は?


こんにちは!編集部の桜田です!

今月、東京の世田谷区のカラオケ店3階の非常扉が何らかの原因で開き、客の会社員の男性が転落して死亡していたことが分かりました。

警視庁は業務上過失致死の疑いもあるとみて慎重に調べています。

テレ朝ニュースでは次の通りに報じています。

20日午前4時前、世田谷区三軒茶屋にあるカラオケ店の3階の一室から会社員の恵本浩透さん(38)が転落しました。恵本さんは頭を強く打つなどして死亡しました。捜査関係者によりますと、当時、恵本さんは同僚とカラオケをしていて、窓際の非常扉に寄り掛かった際に何らかの原因で扉が開いたとみられています。警視庁は非常扉の安全管理に問題がなかったかどうかを含め、業務上過失致死の疑いもあるとみて慎重に調べています。


東京都世田谷三軒茶屋カラオケで転落事故の場所はどこの店?


ニュースで取り上げられている画像から

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1丁目37−8 甲文堂ビル

カラオケ館 三軒茶屋店です。

三軒茶屋と言えば、芸能人が多く住んでいる町ですし、大学やお洒落なカフェも点在する街として有名です。

カラオケ店も大型店舗から個人店まで数件存在していました。

三軒茶屋カラオケで転落事故の原因

男性は普通に同僚とカラオケをしている最中に寄り掛かった壁の部分が非常扉でそのまま開いてしまい転落、、亡くなられています。

そんなことは全く予想もしていなかったとされる今回の事故です。

客室内の壁面に外部にそのままつながる非常扉が設置された状態、、建築基準法などに問題はなかったのでしょうか?

男性はもどってきません。

名前は会社員の恵本浩透さん38歳とのことです。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です