目黒駅傘でこめかみつつき失明させた犯人の顔は誰?傷害の動機は?


こんにちは!編集部の桜田です!

JR目黒駅前の路上で4日夜、会社員の男性が何者かに傘でこめかみをつつかれて失明する大けがをしました。警視庁が傷害事件として調べています。

テレ朝ニュースでは次の通りに報じています。

捜査関係者などによりますと、午後8時半ごろに東京・品川区上大崎の路上でコンサルティング会社に勤める55歳の男性が会社から出てきたところ、突然、何者かに傘でこめかみの辺りをつつかれました。男性は病院に搬送され、失明するなどの大けがをしました。警視庁は男性から当時の状況を聞くなど、つついた犯人の行方を追っています。

被害を受けた男性会社員は男に面識はなかったということで、無差別に狙った事件の可能性もあるとみられています。

現時点では、犯人の男の特徴などについては不明。

Twitter上には「傘でこめかみつつくとか恐すぎ」「失明させた犯人が逃走してるとか恐すぎる」「マジで恐すぎるんだけど…」「傘で突く通り魔が逃走してるみたいなので気を付けてください」などと心配する声が多数ありました。

大崎署は傷害事件として、周囲に設置された防犯カメラの映像解析を進めるとともに、男の行方を追っています。


JR目黒駅で傷害事件!犯人は逃走中

4日JRめぐろ駅前、住所は品川区上大崎の路上で、コンサルティング会社に勤める55歳の男性が突然会社から出てきたところを傘でこめかみ付近を刺され失明という大ケガをしました。

こめかみは強打されると平衡感覚が失われ、意識不明になる人体の急所とも言われ、今回突き刺された部分は失明へと繋がってしまったと思われます。

眼動脈という大事な血管が傷つけられた恐れがあるとわかっています。

JR目黒駅で傘でこめかみを刺した犯人の顔は?

被害男性は面識がなかった人物と思われます。

現場周辺の防犯カメラ映像をリレー方式で追いながら調べる「リレー捜査」が行われており、カメラの映像などから無差別の事件なのか、恨みに関係する事件なのか犯人の足取りを調査しているという事です。

23日追記

警視庁大崎署は23日、殺人未遂の疑いで、港区三田の会社員、荒川拓雄容疑者(47)を逮捕した。

 逮捕容疑は4日午後8時40分ごろ、男性=当時(53)=に対し、殺意をもって、傘のようなものでつつき、失明させたなどとしている。

 同署によると、男性は当時、帰宅するためにタクシーを待っていた。荒川容疑者とは面識がないとみられており、「直前にトラブルになった」と話しているという。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

目黒駅前で、大量に出てくる人の波に逆らってバス停に行こうとしたらわざとぶつかってきた人に突き飛ばされて転びそうになったことがあった事を思い出した。その時脚の怪我してたんで杖ついてたのに・・こめかみつついて失明程ではないにせよ、荒っぽい事する人がいるなと思ったのは事実。その方がお気の毒すぎる

こめかみは人体の急所の一つ、そこを傘でつつくなんて狙ったとしか思えない。
そもそも使ったのが普通の傘なのかすら怪しい。頭蓋骨に先端が平らな普通の傘で・・・なら相当な勢いと力がいるでしょう。
先端を研磨して釘のようにしていたとしか思えない。
少しでも早い犯人逮捕と真相究明を願います。

こんな事件を目にする機会が増えてきている気がする
こんな猟奇的なことを実行する人が増えると市民は安心して生活出来なくなる
国は一度精神科医などの専門家助力を得て、なぜこのような人間が増えてきたのかを調べてみたほうがいいのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です