野田哲治警視正懲戒処分から依願退職へ警察官昇任試験の対策問題集!大阪府警事部ナンバー2の顔写真や経歴


こんにちは!編集部の桜田です!

警察官昇任試験の対策問題集の件で、大阪府警事部ナンバー2の野田哲治警視正が懲戒処分から依願退職されました。

この件について産経新聞では次の通りに報じています。

「妻がやった」。警察官昇任試験の対策問題集をめぐる報酬受領問題で12日、減給の懲戒処分を受けた大阪府警の野田哲治警視正(58)は当初、こう説明し、自身の関与を否定したという。だが、実際は長年にわたり、組織に隠れて出版社から現金を受け取っていた。それも多いときで月に約150万、合計で約2千万円という高額。若手警察官らが昇任を目指して購入する問題集を金もうけに利用していた格好で、府警内部からも厳しい声が上がった。

警察の階級は下から巡査、巡査部長、警部補、警部、警視、警視正などとなっており、主に警部までは法律知識などを問う筆記試験を経て昇任する。多くの警察官は対策問題集や参考書を購入して勉強するが、1冊数千円、年間で数万円の出費になることもある。

 ある府警幹部は「若手警察官らにとっては決して軽くない負担。警視正ほどの幹部がそれを利用して金もうけをしていたとなれば、組織がもたない。『知らない』では済まされなかった」と話している。

報道で問題が発覚したのは今年1月でその後、全国の警察幹部が出版社側から報酬を受け取った事実がわかりましたが、その中でも野田警視正の金額は突出していたようです。


野田哲治警視正が懲戒処分から依願退職へ

2010年から2018年の数年にわたり、警察官昇任試験の対策問題集を出版社に執筆し合計で2000万円もの金額を受け取っていた問題で、初め1月の段階では府警関係者によると野田哲治警視正は「問題を書いてもいないし、報酬ももらっていないとしか言いようがない」と述べていましたが、

 府警に求められて提出した口座記録には、出版社側からの振り込みが記載されていたが、「(元警察職員の)妻が執筆依頼を受け、知人に書いてもらっていた。金は分配しており、自分は知らなかった」と釈明。出版社側には、こうした筋書きで口裏合わせをするよう依頼していた。

しかし、職場の異動歴と出金場所が重なるなど、本人が口座の存在を知っていたことをうかがわせる点が浮上。出版社側から口裏合わせの事実も確認し、府警が改めて事情を聴いた。

以上の流れがあり、5月に入ってから執筆と報酬受領をしていたことを認めました。

法律では公務員が許可なく兼業することは禁止されているので今回、懲戒免職処分による給料10分の1を3か月の処分がくだされましたが、本人は7月12日をもって依願退職しました。

とにかく、凄い金額を受け取っていたことがわかる事件です。

野田哲治警視正の経歴

野田警視正は捜査1課などの刑事畑を順調に歩み、平成27年に警視正に昇任しています。

2019年からは、特殊詐欺対策の指揮などにあたる大阪府刑事部ナンバー2の刑事部参事官も務めていたました。

「特殊詐欺対策の指揮」をとっていた本人が今回の処分となり、7月12日依願退職しています。

野田哲治警視正の顔写真

すでにテレビで本人と記者が質問し受け答えている場面の動画が公開されています。

ネットの反応

この報道を受けてSNSサイトではどのような反応が起こっているのでしょうか?

この人がどうやってこのポジションまで来たか、大変興味深いし、組織の体質を明らかにすることにもなります。

職業がら義務だとも思い、時々警察に依頼されて捜査協力をしておりますが、こういった事件が起こる度に私自身の警察に対する不信感が募っていくばかりです。
殆どの警察官は当然職務を全うされているとは思いますが、やはり残念な気持ちは日に日に増すばかりです。
身の回りで因果応報を沢山見てきましたが、やはり、誠実に生きることの大切さを実感しております。

警察組織、国家組織は何かあっても上手く隠され、表に出ない事が多々あるものだと私自身そう思ってます。特に役職が警視正までになると色んな繋がりがあり自身の不正なんて上手く隠せると思っていたと想像してます。テレビドラマの見すぎでしょうか(笑)どこから今回の情報が出たのかわかりませんが、警視正、警視を相手に今回の件をここまで表面化してもらえたと。
民間組織は悪事は世に明るみにされる事は多々あるが、国家組織はそれらは中々表面化されないところがある様に思います。民間組織のみならず国家組織も悪事があれば圧力に屈する事なく明るみに、誰もが全うな使命感を持って仕事に取り組める国になればと願います。
この様な事案は本来懲戒免職です。
昇り詰めると警察官を目指した時の使命感と純粋な気持ちは無くなるものなんですかね。

やった事は悪い事だとは思う。しかしキチンと許可を得てすれば良いと思うが?ノンキャリだろうと思うし優れた頭脳の持ち主で問題作成に優秀だからこそ依頼があったと思う。後々の警察官が優秀な人材育成にも貢献しただろうと想像も容易いだけに勿体ない。(人材として悪い事は駄目だが)

そうやって手に入れたお金を、出世の為に幹部にばらまいていたのだと思います。幹部が知らなかったわけはありません。

だから、幹部は自分たちに火の粉が飛ばないように、ヒヤヒヤで、懲戒免職にはできないでしょう。(免職にしたら、全部ゲロされてしまうから)

次(退職後)の甘いポストを約束させて、口封じでおしまいでしょうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です